20代~30代女性の約半数が悩む“大人ニキビ”間違ったクレンジング方法で増やしていませんか?

治ったと思ったらまた現れるしつこいニキビ。「10代でもないのにどうして…」と不思議に感じる人も多いのでは?

20歳を過ぎてからできるニキビは大人ニキビと言われるもの。あごや口のまわりにできやすく、思春期のニキビとは発生するメカニズムもケアの仕方も違います。放っておくと、シミになってしまうことも…。

そんな怖い大人ニキビですが、お手入れ次第で予防も可能。大人ニキビの性質を知って、ニキビ知らずのキレイなお肌を取り戻しましょう。

溜まった古い角質や汚れと肌の乾燥が原因

若い頃のニキビは過剰に分泌された皮脂が原因。そのため、きちんと洗顔をして油分を洗い流せば、比較的簡単に治ります。

それに対して大人ニキビは、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)の低下によるもの。古い角質がはがれず、分厚く溜まって毛穴をふさいでしまうことによって起こります。さらに、乾燥肌も悪化の原因に。

乾燥は肌のバリア機能を低下させ、毛穴が収縮してニキビができやすい状況を作ってしまいます。顔の中でも一番乾燥しやすいあごと口まわりに大人ニキビができやすいのも、どうやらそのせいだと言えそうです。

予防するには?

肌の新陳代謝の低下は、睡眠不足や食生活、ホルモンバランスの乱れ、さらには日々のストレスといった日常の生活の乱れから起きてしまいます。生活を改善することが大切ですが、といってもなかなか難しいのが現実。

そうなると、現状の毛穴に詰まった角質や汚れを取り除くこと、なおかつ肌が乾燥しないように保湿ケアをすることが、現実的な解決策となります。じつはこれ、日頃のクレンジングを正しく行うことで解決できるのです。

正しいクレンジングの手順

クレンジングできっちりメイクが落ちていないと、角質やメイク汚れが毛穴に残ってアクネ菌が増殖するし、ごしごしと擦ったりして皮脂を落としすぎると乾燥肌を引き起こすことに…。それでは一体、どんなクレンジングのやり方がお肌に最適なのでしょうか?

まずは、ニキビ肌に優しいクレンジングの基本手順から見ていきましょう。シンプルなルールをきちんと守ることで、大人ニキビを改善&予防することができます。

1.手と顔は温めておく

まずは手をきれいに洗って清潔にします。

顔が冷えていると毛穴がしっかり閉じてしまうので、できれば温めておくのが理想。湯船に浸かったり、蒸しタオルで温めたりしておくとよいでしょう。

美容スチーマーで数分間蒸気を当てると毛穴が開き、保湿もできるのでベスト。時間がない場合は、手だけでも温めておきましょう。

2.手早く短時間でマッサージ

クレンジング剤を手に取ってなじませ、顔のTゾーンからのせていきます。ニキビができやすいあごのラインから首のデコルテにかけても、マッサージするようになじませていくのがポイント。

ただ、ごしごし擦ったり、しつこくマッサージを繰り返すのはNG。力を入れず、短時間で済ませましょう。マッサージの目安の時間はほんの1分程度。

3.ぬるま湯でしっかりすすぐ

まんべんなくクレンジング剤を行き渡らせたら、人肌くらいのぬるま湯で洗い流します。クレンジング剤を残さないようしっかりすすぎましょう。

また、熱すぎるお湯は乾燥を招くのでNG。逆に冷たい水も毛穴が閉じてしまう上、油分が固まってしまうので避けましょう。

4.洗顔後は保湿を行う

洗顔まで終えたら、化粧水や美容液で保湿ケアを忘れずに。なるべく時間を空けず、肌の血行がよく毛穴が開いているうちに保湿成分を浸透させましょう。乾燥肌対策に効果的です。

こんなクレンジングはNG!

クレンジング剤にもいろいろなタイプがあります。メイクの油を落とすために界面活性剤が含まれている場合も。

洗浄力が強すぎるものは肌に負担がかかり、乾燥肌やトラブルの原因になってしまうので、クレンジング剤選びには注意が必要です。

拭き取りタイプのクレンジング

さっと拭くだけでメイク落としができるので、一番手軽な拭き取りタイプのクレンジング。

忙しい時はついつい利用してしまいがちですが、コットンの繊維で擦ることは、肌にとってダメージ大。おまけに、表面だけ拭き取るので毛穴の中のメイク汚れは全く落ちません。

拭き取りタイプを続けていると、大人ニキビは必ず悪化するので要注意!

オイルクレンジング

界面活性剤が使われているのがオイルクレンジング。界面活性剤は油と水を混ざりやすくする作用があるため、メイクの油汚れを水で洗い流すことがスムーズになります。

けれども、適度な皮脂まで奪ってしまうので乾燥肌の原因になること必至。洗浄力は強力ですが、使うのはバッチリメイクの時だけにしたいものですね。

おすすめのクレンジング

以下の3タイプが肌への刺激が少なくて、乾燥もある程度防げるクレンジング方法。

肌に一番優しいのがミルク、次にクリーム、ジェルと続きます。「肌に優しい=洗浄力が弱い」ということなので、メイクの程度によって使い分けてもOKです。

ジェルクレンジング

弾力のある手触りで肌になじませやすく、比較的低刺激できれいにメイクが落とせます。

油性ジェル、オイルイン水性ジェル、オイルフリー水性ジェルの3種類あり、油性はきちんとメイクを浮かせて落としたい時、オイルイン水性はナチュラルメイクの時、オイルフリー水性は肌にダメージがあって敏感になっている時に使用するとよいでしょう。

クリームクレンジング

クリーム状のテクスチャーで、肌への摩擦を防ぎつつメイク落としができます。洗浄力はどちらかというと弱めなので、ナチュラルメイクや軽いアイメイクくらいにおすすめ。

クリーム自体に油分が含まれているので、肌の潤いをキープし、洗い流した後もしっとり感があるのが特徴です。

ミルククレンジング

最も刺激が少ないので、乾燥肌や肌荒れが気になる人でも使えます。

ミルクは乾いた手に取り、しっかり手で温めてから顔にのせるのがポイント。こうすると、ミルクの油分が分化してメイク汚れが落ちやすくなります。

さらに洗い流す際は、ぬるま湯でゆっくりすすいでいきましょう。ミルクが再乳化して油と水が混じり合い、今度は水で流しやすくなります。

秘訣は低刺激クレンジング&保湿ケア

思春期のニキビと大人ニキビの原因は全く別。肌の油分を取り去るだけでは解決しないということを覚えておきましょう。

そして、大人ニキビを予防したりケアしたりするには、日々のクレンジングに気を配ることが大切。自分の肌タイプやメイクに合わせて、なるべく刺激の少ないクレンジング方法を選ぶことがポイントです。

しっかりメイク汚れと古い角質を落とし、その後は保湿ケアを怠らないようにすること。日頃のクレンジングを見直して、大人ニキビのないきれいなお肌を目指しましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう