5ステップで安心!秋の肌トラブルを防ぎ、美肌を育てる保湿ケア

強い紫外線にさらされる夏と、乾燥の激しい冬に挟まれた秋は、ホッと一息つける癒しの季節です。でも、肌にとってはトラブルの季節といえるほど、スキンケアが重要であることをご存じでしょうか。

トラブルを救うのは、入念な保湿ケアに他なりません。正しい手順を踏んで、完璧な保湿ケアを行いましょう。

秋は夏のダメージが表面化する季節

秋になったとたん、肌の不調を感じる人は多いものです。「肌がゴワゴワしてきた」「日焼けが戻らずくすみがひどい」「小じわが増えた気がする」「ニキビができて治りにくい」などと感じている人は要注意。

一時的な不調ではなく、秋ならではの慢性的なものと捉え、しっかり秋向けのケアをした方が良さそうです。

肌は、今年も過酷な夏と闘いました。強い紫外線を浴び、エアコンからの冷風に耐え、じゃんじゃん出てくる皮脂と汗に汚され、もうすっかり疲れています。

涼しくなった秋だからこそ、「もうダメだ」とSOSを発し、トラブルを続出させているのです。肌のSOSをしっかり受け止め、トラブルの原因を突き止めて対策を行いましょう。

紫外線のダメージは保湿によるターンオーバーの促進で追い出す

夏、肌は紫外線のダメージから皮膚を守るために、メラニンを作って肌表面に並べ、バリアーとします。メラニンが生成されないと皮膚の内部に深刻なダメージを追うことになるため、メラニンは必要なのですが、このメラニンが排出されないとやっかいなことになってしまうのです。色素により黒ずみを引き起こし、肌表面にはシミとなってあらわれます。

メラニンを排出するためには、肌の健全な新陳代謝が不可欠です。しかし紫外線で角質表面がダメージを受けていると、ターンオーバーと呼ばれる新陳代謝がうまくいきません。ターンオーバーができていないと、肌表面がゴワゴワしてくるトラブルにもつながります。

ターンオーバーを促すために必要なのが保湿です。

足裏の角質ケアを行ったことのある人なら、カチカチの足裏を入浴で十分に柔らかくすることがどんなに大事かがわかるでしょう。顔の角質ケアだって同じです。水分をたっぷり顔に封じ込め、肌を柔らかくして新陳代謝を助けましょう。

迫りくる乾燥と外的刺激から肌をガードするのも、やっぱり保湿の力

爽やかな秋晴れが続くと、気候全体が安定していると考えてしまいがちです。しかし、涼しげな風がすでに冬の乾燥を運んでいることに注意しましょう。

湿度をチェックすると、いつの間にか30%になっているという日もかなり出てきます。とくに冬の乾燥が激しい関東地方に住んでいる人は、早くから注意が必要です。

乾燥対策のキモは、やはり保湿です。化粧水で水分をたっぷり肌へ蓄えたあとは、乳液でフタをして保湿しましょう。

保湿のバリアは、乾燥はもちろん、他の外的刺激からも肌を守ってくれます。肌が弱っている秋には特に重要です。

夏のダメージからも、冬の乾燥からも肌を助けてくれる保湿ケアの方法を、5つのステップでご紹介しましょう。

ステップ1 夏のケアを秋も続けている人は今すぐ切り替えを

秋になっても、夏用のさっぱり化粧水や油分少なめの乳液を使っている人はいませんか。

皮脂をごっそり洗い流す強い洗浄力を持った洗顔料を、そのまま使用している人もいることと思います。「使い切るまで」「冬が来るまで」と使い続けていると、肌がどんどんトラブルを抱えていってしまうことになりかねません。

保水効果も保湿効果も高い秋冬用の基礎化粧品へシフトすることから、ケアをスタートさせましょう。洗顔料や化粧落としも、より優しい肌あたりのものに切り替えます。

自分の肌に合うものを選ぶのが難しく、できれば変えたくないという人は、保水効果を高める美容液を一本プラスしてください。

なお、夏用の化粧水や乳液は、次の春夏に持ち越してはいけません。古い化粧品もまた肌トラブルのもとです。もったいないけれど、肌のためにも手放しましょう。

ステップ2 角質を優しく除去する洗顔を

皮膚に汚れが付着していたり、古い角質がとどまっていたりすると、どんなに化粧水をはたいても成分が浸透しません。より保湿効果をアップさせるために、まずは洗顔を丁寧に行いましょう。

夜なら入浴は必須です。バスタブに浸かり、顔の汚れが浮き上がってきたことを実感してから洗顔を行います。

言わずもがなかもしれませんが、バスタブに浸かる前はクレンジングにとどめ、洗髪を行った後に洗顔をしましょう。

額や生え際に残ったシャンプーの成分を最後に洗い落とすことで、トラブルを防ぎます。

朝は、時間があれば蒸しタオルで顔を十分湿らせた後に洗顔しましょう。絞ったタオルをレンジで1分チンすれば、蒸しタオルの出来上がりです。やけどには気をつけましょう。

ステップ3 頻繁なマスクケアで十分な保水を

化粧水は、コットンを使うとよりバランスよくつけることができ、浸透効果もアップします。夏は週一のマスクケアを行っていたという人は、ダメージを抱えていると自覚した日から1週間ほど連続してシートマスクを使うと、肌がぐんぐん柔らかさを取り戻すのを実感できることでしょう。

シートマスクが苦手な人は、コットンを割いて顔にのせるか、ティッシュペーパーに化粧水を浸して気になるところだけでも保湿しましょう。いずれも10分ほど肌に密着させ、保水させます。

マスクケアは夜にやるものだと思っている人も多いかもしれません。しかし、ダメージ多き一日が始まる朝に行うと、一日中効果を実感できますよ。時間に余裕のあるときには、朝マスクをおすすめします。

ステップ4 美容液、乳液、クリームで保湿を。つける順番を間違えない!

化粧水のあとは美容液、次に乳液、最後にクリーム。この順番が当たり前とされる時代が長く続きましたが、今、さまざまなラインによって新しい方法が提案され、王道の手順は崩されつつあります。

基本的には、使用する基礎化粧品のラインが定める手順に従うのが良い方法です。

気をつけるべきは、ラインではなく「より肌に合うものを」「同じ効果で安いものを」とバラバラに基礎化粧品を取り寄せ、使う場合の使用手順です。

例えば、化粧水の後にぜひ使ってほしいと意図して作られたクリームには、より肌に浸透する美容液の役割を兼ね揃えたものがあります。それを乳液の後に使ってしまったら、美容液の成分が十分に肌へ浸透せず、せっかくの保湿や保水効果が得られません。

また、クリームの役目を果たす乳液にさらにクリームを重ねたら、油分過多になってしまいます。乾燥から肌を守るためとはいえ、毛穴が詰まってニキビになってしまったら台無しです。

自分でアレンジすることなく、使用方法をよく読んで、最適な保湿効果を得られる手順を守りましょう。

ステップ5 加湿器は早めにONして

暖房の使用と同時に加湿器をつける人が多いと思われますが、ここまで読んでくれた人なら、暖房のいらない秋にこそ保湿がいかに大事か分かるでしょう。

暖房の必要がなくても、加湿器は早めにONにし、部屋の湿度を一定に保つことをおすすめします。

乾燥しているか否かは、いつも部屋にいると分かりにくいものです。湿度計がなければ手に入れ、肌に良い湿度を知ることが肝心です。

快適な湿度は40%から60%とされていますから、40%より低くなったら加湿器を入れるタイミングと考えて。湿度が保たれると、ウィルスの活動が弱まるので風邪もひきにくくなり、一石二鳥です。

このページ内容と関連した記事:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう