毛穴汚れや肌のくすみを改善?クレンジングバームの効果が気になる!

年を重ねるたびに、増えていく肌の悩み。どんよりくすんでいたり、乾燥に悩んだり、大人ニキビが増えたりと悩みは人それぞれですが、こうした悩みを基礎化粧品1つで解決できるのは知っていますか?

答えは化粧水でも美容液でもなく、ずばりクレンジング。

とくに最近ではバームタイプのクレンジングが肌を生まれ変わらせてくれると人気なのです。そこで今回は、バームクレンジングに秘められた美肌効果について検証していきたいと思います。

クレンジングが大切な理由って?

最近、スキンケアの中でもクレンジングの重要性が注目されています。そこでまずはなぜクレンジングが大事なのかお話していきます。

化粧水や乳液よりもまずクレンジングが大切!

スキンケアというと化粧水や乳液、美容液に目が行きがちですが、スキンケアのファーストステップであるクレンジングがおろそかだと、その後のケアが肌に浸透しにくいどころか、肌トラブルの原因にもなります。

ほとんどのクレンジング剤は使った後に洗顔しますが、洗顔はあくまで顔の汚れを洗い流すものなので、油性汚れのメイクをしっかり落とすことはできません。

油性汚れが残ったままだと肌の上で酸化してしまい、肌のくすみやニキビなどの原因にもなります。ミス・ユニバースの美容講座でも、美肌を保つために最も大切なことはクレンジングだということが教えられるようです。

最近クレンジングの効果が見直されている

メイクをしていないから洗顔だけで十分、というのは実はNGです。

たとえメイクをしなくても、日常生活の中で、排気ガスの油分や料理中の油はね、皮脂の酸化など、知らない間に油が顔にたまってしまいます。

こうした汚れは洗顔では落ちにくいので、メイクをしない日でもクレンジングをする必要があると巷で話題になっているのです。

何のクレンジングを使っていますか?王道のタイプを検証!

店頭にはさまざまな種類のクレンジング剤が並んでいますね。ここでは王道のクレンジングタイプ別にメリットとデメリットを検証していきます。

しっかりメイクもお任せ!オイルクレンジング

ウォータープルーフタイプのアイメイクや口紅なども落とせる人気のクレンジングです。肌になじませて軽くマッサージすると、毛穴詰まりがポロポロ取れるうれしい効果もあり、特に脂性肌の人に人気です。

一方でデメリットもあります。オイルクレンジングはお湯で洗い流しても肌にべたつきが残り、W洗顔が必須となるのでやや面倒だというところです。

また界面活性剤が多く含まれているので洗浄力も高く、肌を傷める可能性があります。そのため乾燥肌や敏感肌の人は控えた方がベターです。

乾燥肌にも安心クリーム・ミルククレンジング

乾燥肌や敏感肌の方におすすめなのが、クリームタイプまたはミルクタイプのクレンジング。

特にミルクタイプは肌を傷める界面活性剤が含まれているものが少ないだけではなく、ほかのクレンジングよりも水分が多く、かつ油分とバランスよく配合されていますし、保湿成分が配合されているので、クレンジング剤の中でも一番肌への刺激が少ないと言われています。

デメリットは洗浄力が低いという点です。しっかりメイクをする人は1度ではなかなか落ちないこともあるので、ポイントメイクリムーバーを使わなければならず、やや手間がかかります。

忙しい人にピッタリ!ふき取りタイプ

拭き取りタイプのクレンジングは、何といっても手軽にさっとメイクをオフできる便利さです。また携帯しやすいので、荷物がかさばりにくいですのも嬉しいポイント。

今まではシートにクレンジング剤が含まれているものが多かったのですが、最近ではコットンに含ませてから使うクレンジングウォーターも人気です。

一方デメリットは濃いメイクをしっかり落としにくい点と、肌をこするので肌を傷める可能性もある点です。

最近人気のバームクレンジングの効果は?

いずれのクレンジングにも一長一短ですが、できるだけデメリットが少ないものを使いたいですよね。そこでお勧めなのが、バームタイプのクレンジング。

オイルタイプとミルク・クリームタイプ、ふき取りタイプそれぞれのいいとこどりのニューフェイスなのです。

クレンジングは落としすぎても優しすぎてもNG

先ほどお話ししたように、メジャーなタイプのクレンジングは「メイクはしっかり落ちるけど、肌のダメージも大きい」か、「肌には優しいけど、メイク落ちがいまいちで手間がかかる」のどちからに分類されがちです。

オイルタイプは人の肌に必要な皮脂まで奪って洗い流してしまうほど、洗浄力は強力です。皮脂は洗いすぎると乾燥の原因になり、肌荒れにもつながります。

一方ミルクなどの洗浄力が弱いクレンジングでは、メイクや皮脂汚れが落ちきれず、その後のスキンケアが浸透しにくくになります。そのため、クレンジングはメイクを落とすだけという位置づけになりがちで、その後の洗顔や化粧水などといったスキンケアで補っている状態なのです。

クレンジングバームは毛穴詰まりや古い角質もすっきり落とせる

それでは、最近人気のバームタイプはどうなのでしょうか。

代表的なクレンジングのいいとこどり、と先ほどお話ししましたが、バームは容器の中では固形ですが、体温でじんわりと溶けていきます。溶けるとオイル状になりますが、オイルクレンジングのようにダラダラと流れず、肌にぴったりと密着するので、濃いメイクや毛穴汚れもしっかり絡めとることができるのです。

肌の巡りや血色をよくする効果が!

年齢を重ねるごとに気になるのが、肌のくすみ。その原因は古い角質や血行不良、たんぱく質の老化によるくすみなどさまざまありますが、実はクレンジングバームはこれらの原因を改善することができます。

その理由の一つは、多くのクレンジングバームは弾力があるためマッサージにも使えるから。クレンジング時、もしくはスペシャルケアの時にやさしくマッサージすることで肌の血行が改善され、また角質層に浸透する洗浄成分が古い角質を洗い流してくれるからです。

そのほかにも、クレンジングバームには抗酸化作用のある成分をはじめとする美容成分が含まれているものも多く、使うたびに肌のケアをしてくれるのです。

次のスキンケアの浸透を高める

クレンジングバームには、化粧水や美容液など次のスキンケアの浸透力を高める「ブースター効果」もあります。

その理由は、メイク残りや皮脂汚れをしっかり落とすのはもちろん、古い角質を除去し、肌のターンオーバーを整えることで次のスキンケアが肌に浸透しやすくなるため。

また、クレンジングバームを使っている際、配合されている洗浄成分や美容成分が浸透し、肌を滑らかにするので、次に使うスキンケアが浸透しやすくなるのです。

効果をグングン上げる使い方

これほどうれしい効果があるクレンジングバームですが、実は通常の使い方よりもっと効果を上げるスペシャルケアもあります。週に一度などと定期的に取り入れてみてくださいね。

マッサージでエイジングケアも!

普段使いでも、クレンジングしながらマッサージできますが、こちらはクレンジング後のマッサージ方法です。

クレンジング時は汚れが浮き上がっているので、長い時間マッサージできませんが、クレンジング後だとメイク落ち汚れを気にせず、じっくりマッサージすることができます。

使用方法は、クレンジング時と同じ。手と顔が乾いた状態でバームをしっかり溶かし、顔全体を優しく円を描きながらマッサージするだけです。

同じことの繰り返し?と疑問に思うかもしれませんが、こうすることでより肌の透明感がUPするんだとか。マッサージ後は再び丁寧にぬるま湯で洗い流してくださいね。

スチーマーも使ってまるでエステ帰りの肌に

毛穴汚れや乾燥が気になるときにおすすめなのが、スチーマーを使ったスペシャルケア。

やり方はとても簡単で、一度クレンジングバームで化粧を落とした後に、目元や頬など乾燥が気になる部分や毛穴汚れが気になる鼻などに溶かしたバームを乗せ、スチーマーをあてながらやさしくマッサージします。

こうすることで、毛穴がしっかり開くので毛穴の奥にある汚れもしっかり落とせますし、蒸気で肌を潤わせながら丁寧にケアすることができます。自宅で簡単にプルプル肌をゲットできますよ。

クレンジングバームで肌が生まれ変わる

最近人気のクレンジングバームの効果、いかがでしたか?

普段使いするだけでも王道のクレンジングより肌にやさしく、美容効果がありそうですが、週に一度のケアでもっとモチモチきれい肌になることができるのです。

仕事に家事に忙しい女性だからこそ、クレンジングバーム一つで簡単にスキンケアしたいですよね。ぜひ参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう