最近人気のバームタイプのクレンジングが気になる!基礎知識とおすすめを紹介

数あるクレンジングの中でも、特に注目を集めているのがバームタイプのクレンジング。

肌にやさしいので敏感肌の人でも安心して使えるのに、ウォータープルーフタイプのアイライナーや口紅もするりと落としてしまうほか、美容成分がたっぷり入っているので、「肌の悩みが改善した!」「バームクレンジングじゃなきゃだめ!」という人が相次いでいるのです。

しかし、ほかのクレンジングと比べると認知度はまだまだ低めで、購入を迷っている人も少なくありません。そこで、今回は改めてクレンジングバームの基礎知識と、大人気のおすすめ商品をご紹介します。

クレンジングバームが人気の理由

ほかのクレンジングと比べて知名度は低めなクレンジングバームですが、最近はじわじわと人気を集めています。ここではなぜ人気なのか、その理由について探ってみます。

クレンジングバームって?

そもそも「バーム」という言葉を聞いたことがない方も少なくないでしょう。

バームとは「軟膏」という意味があります。軟膏は容器に入っているときは固形ですが、熱を加えると柔らかく溶けだしますよね。

クレンジングバームも同様で、容器に入っているときは固まっているのですが、手に取ると体温でスルスルと溶ける不思議なテクスチャーが特徴のクレンジングです。

どうして人気なの?

SNSでもクレンジングバームの人気がうかがえます。なぜこれほど熱い支持を集めているのでしょうか。

https://twitter.com/t0d0a/status/777879597601857537

ミスユニバースが愛用していると評判に

クレンジングバームが人気になったきっかけの一つに、2012年のミス・ユニバース・ジャパン準グランプリに輝いた松井由貴美さんが、クレンジングバームを使っていると巷に知られたことが挙げられます。

松井さんもクレンジングバームの使い心地と洗い上がりの良さの虜になっていて、使い始めてからは周囲から肌のきれいさを褒められるようになり、その効果に驚いたそうです。

不思議なテクスチャーのほか、クレンジングバームがもつ魅力は次にあげる3点です。

低刺激で肌に優しい

クレンジングバームは、乾燥肌や敏感肌の人も安心して使うことができる低刺激なクレンジングです。

商品によって差はありますが、多くのクレンジングバームは肌を傷める原因となるスクラブ剤などが含まれておらず、パラベンや鉱物油、合成着色料や香料なども使われていないものが多いのです。

メイクも毛穴の汚れも洗い流す

低刺激のクレンジングと聞くと、メイクがきちんと落ちるか心配になりますよね。

クレンジングバームは手のひらでなじませるとオイル状に変化し、肌に乗せるとピッタリ密着するので、メイクはもちろん、毛穴の奥まで浸透し、毛穴汚れもさっぱり洗い流してくれます。

オイルクレンジングとクリーム・ミルククレンジングのいいところ取りなのが、クレンジングバームなのです。

W洗顔不要で楽ちん

通常、クレンジング剤を洗い流したあとは洗顔をしますよね。それはクレンジング剤が化粧品に含まれている油分を洗い流すためのものであって、肌に残った角質やほこりなどの汚れまでは洗い流すことができないからです。

しかしクレンジングバームは洗顔の役割もあるので、一度でメイクも肌の汚れもオフすることができます。

仕事などで夜遅く帰ってきたとき、クレンジングして洗顔して…と考えると億劫ですが、クレンジングバームだと手間が省けるのでとても楽ちんなのです。

クレンジングバームの使い方

それでは次に、正しいクレンジングバームの使い方についてご説明します。使い方はとても簡単なので、ぜひ参考にしてみてください。

1、クレンジングバームを手にとり、体温で溶かす

商品によって違いますが、多く大体がマスカット粒大が1回分の適量です。適量を付属のへらですくって乾いた手に乗せ、もう片方の手でバームを手のひらになじませていきます。オイル状になったら準備完了です。

2、優しくマッサージしながら顔全体に馴染ませる

額や鼻、両頬、顎に乗せ、顔全体に広げます。広げる際は、下から上へ、顔の中央から外側に向かってくるくると円を描くように優しく伸ばします。

この際、1分以上マッサージしたり、強く肌を圧迫すると肌に負担がかかるので注意が必要です。小鼻や目元は汚れがたまりやすいので、指の腹で優しく細かくマッサージします。

3、ぬるま湯と冷水でしっかりと洗い流す

洗い流すときは、まず38度ほどのぬるま湯で洗い流します。熱湯だと必要な脂分まで洗い流されてしまい、冷水だと毛穴が閉じてきちんと汚れが落ちません。

ぬるま湯で最低20回は洗い流すようにしましょう。その後、仕上げに冷水で洗い流し毛穴を引き締めましょう。

おすすめのクレンジングバーム

基本的な知識が分かったところで気になるのが、一体どんなクレンジングバームが人気なのかですよね。

それでは最近人気集中のおすすめのクレンジングバームをご紹介します。

D.U.O ザ・クレンジングバーム

クレンジングバームの中でもダントツの人気を誇るのが、D.U.Oの『ザ・クレンジングバーム』。人気の秘訣は、クレンジングと洗顔、角質ケア、マッサージ、トリートメントと、なんと1個で5つの機能を備えているという点です。また洗浄成分と美容成分を含んだ独自開発の『毛穴クリアカプセル』が配合。毛穴汚れや古い角質を絡め取り、美容成分を毛穴まで届けるので、毛穴や角質ケアにも効果があります。

1カ月分(90g)で3600円ですが、公式サイトではお得な定期便があり、定期便にすると2880円で購入することができます。

ラジカルサイファー 米ぬかバームクレンジング

2016年8月発売。最近再び美容への効果が注目されている、米ぬかを成分に取り入れたクレンジングバームです。米ぬかの保湿成分が角質層を柔らかくするので、毛穴汚れや角質はもちろん、加齢に伴う肌の黄ばみ(ステイン)をゆるめて、メイクと一緒にさっぱり洗い流してくれるので、使うごとに肌の透明感がUPします。気になる美容成分は米ぬかだけでなくロイヤルゼリーやコラーゲンなど23種類含まれていて、美容液成分はなんと92%にも上ります。

価格は1~1.5か月分の100gで4200円。公式サイトではお得な定期便でさらに安く買えます。

ラミナーゼ モイストクレンジングバーム

防腐剤や鉱物油、アルコール、合成着色料フリーのクレンジングバーム。肌のハリを育てるフラーレンなど厳選した9種類の植物エキスが配合されていて、美容クリームとほぼ同じ美容成分を誇ります。水と油が層状になっている『ラメラ構造』なので、油性のメイク汚れ、水性の汗やほこりなどの肌汚れをしっかり包んで、肌への負担を最小限に洗い流します。またパックとしても使うことができる優れものです。

定価は2カ月分(120g)4500円ですが、今なら公式サイトから初回定期限定で1500円で購入できます。

GR 朝活クレンジングバーム

寝ている間に肌に蓄積した汚れを洗い流す、をコンセプトに朝に使う珍しいタイプのクレンジングバームです。99%が植物由来で、91%がヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分が配合されています。肌に乗せるとじんわりあたたかく、爽やかなオレンジの香りがするので、温感マッサージで毛穴を開いて汚れを落としながら、いい香りに包まれて気分爽快な朝のスキンケアタイムを送ることができます。

定価は80gで1800円とリーズナブルです。

ロゼット クレンジングバーム

肌に潤いを閉じ込めるライスワックスミツロウやスクワランオイル、ロイヤルゼリーエキスなどの保湿成分を贅沢に配合。ライスワックスミツロウがクッション効果を発揮するので、クレンジング中も肌に負担をかけることなく、しっかりアイメイクまで擦らずに洗い流せます。ソフトピーリング効果があるので、肌のくすみや古い角質を優しくオフしてくれます。

価格は100gで1800円とクレンジングバームの中ではかなりお手頃です。

まとめ

クレンジングバームの基礎知識についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。スキンケアと聞くと化粧水や高価な美容液を買いもとめがちですが、美肌の秘密はクレンジングにあったのです。

ただ「メイクが落ちればいいや」と思って刺激の強いものを使い続ければ肌に負担が掛かりますし、反対にとにかく低刺激なものを選べば、メイクがしっかり落ちなくて洗い残しが出てしまいます。

そのいいとこどりが、クレンジングバーム。ぜひ今回のお話を参考に、クレンジングバームを試してみてくださいね。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう