体に痩せる順番があるって本当?痩せる順番を知ってダイエットに役立てよう

ダイエットを始めようと思う理由は人によっていろいろとあると思います。体重を落としたいという人もいるでしょうし、ウエストを細くしたい、脚を細くしたいなど部分的に痩せたいと思っている人もいるでしょう。

体重は減ったのに、なかなか見た目に分からない…というあるでしょうが、体にも痩せる順番があるというのを知っているでしょうか?体には脂肪がつきやすい部分とつきにくい部分があるのです。

ですから、体の仕組みをしっていれば効率よくダイエットすることが出来るようになります。ウエストを細くしたいのに、胸が痩せていってしまって困る…なんてことにもなりません。体の痩せる順番を紹介するので見ていきましょう!

思った部分が痩せない痩せる順番って知ってる?

痩せたい部分というのは人によって違いますよね。体重自体を落としたいという人もいると思いますが、顔を細くしたい、二の腕を細くしたい、太ももを細くしたいなどそれぞれだと思いますが、体には痩せる順番があるそうです。痩せる順番とは一体何なのか見ていきましょう。

痩せる順番ってなに?

人の体には痩せる順番があるようです。痩せる順番を知っていれば痩せたいと思っている部分をうまく痩せさせることが出来るかもしれません。では人の体はどのような順番で痩せるのか紹介したいと思います。

①手首・足首→②腕→③ふくらはぎ→④肩→⑤上腕→⑥太もも→⑦胸・顔→⑧お腹→⑨お尻

人の体は上記の順番で痩せると言われています。肝臓から遠い部分から痩せていくとされていて、太るときはその逆の順番で太っていくとされています。痩せたいと思っている部分が痩せる順番が遅い部位なのであれば、絞りたいと思っている筋肉を鍛えることが大切になります。

脂肪にも痩せる順番がある

脂肪にも痩せる順番があるのです。脂肪というと体を太らせるという悪いイメージを持っている人が多いと思いますが、脂肪がなければ人はいきていくことが出来ません。脂肪は人の生命維持には欠かすことの出来ないものなのです。

ですから、生命の維持活動の妨げになる部分の脂肪が先に落ちて、ついていてもいなくても問題ない部分の脂肪は最後に燃焼すると言われています。顔やお腹などは皮下脂肪で内部を守っているので、なかなか痩せない部分であると言えます。お腹痩せしたいと思っている方も多いと思いますが、お腹もなかなか痩せにくい部分です。

ダイエットをはじめてすぐにお腹が痩せたという場合、お腹の内臓についていた脂肪が落ちたという可能性が高いです。内臓脂肪は目には見えない隠れた脂肪で、見た目が細い人でも内臓脂肪が多いことがあります。

落としやすい内臓脂肪から落とす

脂肪の中でも内臓脂肪は落としやすいと言われています。正しい方法で落とせば効果が出るのも比較的早いです。では、どうすれば内臓脂肪を落とすことが出来るのか、正しい方法を見ていきましょう!

有酸素運動

脂肪を燃焼させるのに1番効果的と言われているのが「有酸素運動」です。有酸素運動を行って脂肪を燃焼させれば、内臓脂肪が落ちやすくなると言われています。代表的な有酸素運動には、ウォーキングやジョギングなどがあげられます。

有酸素運動は行ってから20~30分以上経たないと脂肪燃焼の効果はないといわれていましたが、最近の研究で20分以上継続して運動をしなくても脂肪は燃焼するということが分かったとされています。

20分以上継続して運動をするのではなく、1日トータルで20分以上運動すれば脂肪燃焼をすることが出来るようです。ウォーキングでもジョギングでもサイクリングでも1日トータル20分以上行うことで内脂肪燃焼を目指しましょう。

食事を変える

炭水化物の摂取は生きていく上で大切なことです。炭水化物を摂らないと脳が働くなって頭がボーッとしやすくなってしまったり物忘れをするようになったりします。

しかし、だからといって炭水化物を食べすぎると体の血糖値が急上昇してインスリンが分泌されることになります。インスリンというのは、血液中の糖を少なくするためにエネルギーに変えようと試みますが、この働きが追い付かなくなってしまうと体は余っている糖を脂肪に変えようと体に蓄えます。そのため、炭水化物をたくさん食べると太りやすくなってしまうわけですね。

つまり、逆に言うと炭水化物の摂取を少なくすることで体に脂肪がたまりにくくなるということです。だからといって一切炭水化物をとらないということは体に良くありませんので、内臓脂肪を落としたいのであれば炭水化物の摂取量を控えるというのが1番理想的です。

落ちにくい皮下脂肪を落とす

皮下脂肪は内臓脂肪と比較してもとても落ちにくい脂肪です。ダイエットをはじめても後半にならないと落とすことが出来ないので、皮下脂肪を落としたいのであれば根気よくダイエットを続けることが大切です。効率よく皮下脂肪を落とす方法を見ていきましょう。

筋トレが大事(有酸素運動も加えると効果的)

落ちにくい皮下脂肪を落とすためには、筋トレを行うことが効果的であると言われています。筋トレをすると成長ホルモンが分泌されるようになって、脂肪が分解されて燃えやすい状態になります。筋トレをすることで筋肉を分解しやすい状態にすることが出来るのです。

その上で有酸素運動を行えば、さらに皮下脂肪は燃えやすくなるようになります。筋トレは無酸素運動ですが、その無酸素運動と有酸素運動を組み合わせるとより効果的に皮下脂肪を燃やすことが出来るようになるとされています。腹筋やスクワットなどの筋トレをした後にウォーキングなどの有酸素運動をするという順番で運動をするようにしましょう。筋肉がつけば基礎代謝が上がって太りにくい体を作ることが出来るようになるというメリットもあります。

脂肪が溜まっている部分をマッサージ

脂肪を効率良く落とすには、脂肪が溜まっている部分をマッサージするというのも効果的であると言われています。マッサージをすることで血行が良くなり脂肪が落ちやすくなるとされているのですが、どのようにマッサージをするのが良いのでしょうか。

マッサージを継続的に続ける

前途で紹介したように体脂肪は順番に落ちていきます。内臓脂肪→皮下脂肪という順番で落ちていくのですが、皮下脂肪は温められると落ちやすくなるという性質があります。そのため、強敵である皮下脂肪を落としたいのであれば温かい場所でのマッサージが有効であると言えますので、お風呂の中でマッサージすると効果的です。

そうは言っても痩せさせたい部分を温かいところでマッサージしたからと言ってすぐに効果が出るというわけではありません。マッサージによって脂肪が減りやすくなるということなので、有酸素運動や食事制限なども当然大切になってきます。

また、皮下脂肪じゃなかなか落ちにくいので、すぐに効果が出なくてもマッサージを継続的に続けるようにしてください。順番が来れば必ず落ちるようになりますので、焦らずに継続的に続けるということが何より大切になります。

部分的に脂肪がついている場合はリンパマッサージ

上半身は細いのに、下半身が太い…全体的にほっそりしているのにお腹にだけお肉がついている…という人も少なくありませんよね。そのように部分的に体脂肪がついてしまっているという方も少なくありません。その原因は部分的に皮下脂肪がついているということが考えられますが、何度も言うように皮下脂肪はとても落ちにくいです。

ただ、ある部分にだけ皮下脂肪がついて太いという場合は、リンパの流れが悪くなってしまっていてその部分だけ老廃物が溜まっていることが原因であるということが言えます。そこでおすすめなのが「リンパマッサージ」です。

リンパマッサージというのは、体内に溜まってしまっている老廃物を排出するマッサージです。リンパ液の流れにそってマッサージをすることで部分的についてしまっている皮下脂肪を排出することが出来るようになりますよ。

痩せる順番を知って効率良くダイエットを行おう

体にも脂肪にも痩せる順番があるということを紹介しましたが、いかがでしょうか?痩せる順番を知らないでいると、自分が痩せたいと思っている部分が痩せる前に諦めてしまうことになるかもしれませんし、バランスよくダイエットすることが出来るようになる可能性も高くなります。

痩せる順番と太る順番は逆なので、途中であきらめてもしもリバウンドしてしまったら、次は痩せたかった部分から脂肪がついてしまうことになります。そうすると、さらにバランスの悪い体型になってしまいます。

そのようなことにならないためにも、どこから先に痩せてどの脂肪が落としやすいのかということを知って、理想的でバランスの良い体型を手に入れましょう。日ごろから脂肪が体に溜まらないようにすることも大切ですよ。すぐに結果が出なくても諦めずに効率よくダイエットを行いましょう!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう