脚の部分痩せを実現!脚痩せするために効果的な3つの方法

ダイエットの中でも部分痩せは特に難しいと言われていますが、下半身が気になる!脚だけ何だか太い気がする!という人も多いです。上半身は痩せているのに下半身は太い!どうしよう…と悩んでいる人は思っている以上に多いものです。

しかし、スラッと細くてきれいに伸びた脚は女性にとっては憧れですよね。脚を細くしたい!と願っている女性はとても多く、ダイエットしたい場所の中でも脚痩せは常に上位に入っています。

難しいと言われている脚痩せをどのように行うのが良いのでしょうか?効果的な方法を紹介するので、正しいやり方で脚痩せを目指しましょう!

部分痩せは思っているより難しい?

上半身は特に問題ないけど下半身が太いから痩せたい…脚を細くしたい…といったように部分痩せしたいと思っている人も多いと思いますが、部分痩せは思っている以上に難しいと言われているのをご存知でしょうか。どうして難しいのか調べてみました!

部分痩せは難しい

二の腕だけ痩せたい脚だけ痩せたい!と思ってもなかなか思う通りにはいかないものですよね。しかし、美脚になりたい、お腹周りを細くしたいというように部分痩せを希望する方はたくさんいます。

ただダイエットを行っているだけでは全体的に脂肪が落ちてしまうことになるので、部分的に痩せるということはどうしても難しくなってしまいます。

実際に医学的にも部分痩せというのは難しいと実際に言われているのですが、絶対に出来ないというわけではありません。しかし、特定の部分だけを優先的にダイエットするのは難しいことであると言えます。

どうして部分痩せが難しいのか

脂肪の代謝というのは全身から行われるのですが、脂肪がつきやすい場所は限られています。特に女性はお腹周りやおしり、太ももなどに脂肪がつきやすい傾向にあります。

脂肪がつきやすい場所は限られているのに、脂肪が燃焼されるときは特定の部分からではなく、全身から行われることになるので部分痩せは難しいと言えるのです。

人によって脂肪がつきやすい場所は違ってきますが、いきなり特定の部分を細くするということは難しいです。

脚が太くなる原因

脚が太くなる原因も1つではありません。人によって原因は違いますし、複数の原因が重なって脚が太くなってしまっているということも少なくないです。脚が太くなると言われている原因を見ていきましょう。

むくみ

朝起きたときに顔がむくんでいる、足がむくんでいるといったようにむくみを感じている女性は少なくないと思います。体の外にうまく老廃物を排出することが出来ないためにむくんでしまうわけですが、むくみは同じ姿勢を続けることで起こりやすくなります。

立ち仕事をしている、デスクワークの仕事をしていて座りっぱなし、運動不足など日ごろ同じ行動を毎日続けていると、老廃物が外に排出されなくなって体がむくんでしまうようになります。

むくみよって脚が太くなると辛いですが、むくみさえ取ることが出来れば脚痩せすることは大いに可能であると言えるので、短期間で脚痩せを目指せる可能性が高いです。

脂肪の付き過ぎ

脂肪がつきすぎることでも脚が太くなってしまいます。食べれば脂肪となって身になる…1番多いパターンであると言えるかもしれません。食べた分のカロリーが消費されずに溜まることで、体の中に脂肪がたまって脚が太くなってしまうというパターンです。

この場合、下半身だけでなく上半身にも脂肪がついてしまうことが多いので、脚痩せだけを目指すのではなくてまず全身のダイエットから始めるようにしましょう。脂肪を取るように、食事に気を付けて軽い運動を行うようにしてください。

筋肉の付き過ぎ

適度な筋肉はとても大切ですが、筋肉がつき過ぎていても脚太りの原因になります。学生時代に何かスポーツをやっていたという人に特に多いタイプであると言えるかもしれません。

筋肉がついた脚は健康的ですが、セクシーな脚とはちょっと程遠いですよね。筋肉がある方が基礎代謝が高く太りにくい体になるのでないよりは良いですが、筋肉がつき過ぎていると問題です。しかし、筋肉質で基礎代謝が高いことが多いので、脚痩せしやすいタイプであるともいえます。

体のゆがみ

体が歪んでいないという人もほとんどいないと言えますが、体のゆがみがひどくても脚太りの原因になってしまいます。

ゆがみが目に見えなくても体が歪んでしまっているということは多いので、目をつむってその場で足踏みしてみてください。目を開けたときにおおきく最初の位置からズレていると、その分体がゆがんでしまっているということです。

体にゆがみがあると、バランスが悪くなってしまって効率よく脂肪を燃焼することが出来なくなります。そうすると必然的に脚も太くなってしまいますので、スッキリときれいな脚にするためにもゆがみを解消することが大切です。

足を細くするための情報

脚の太さが気になっているのであれば早めに対策をすることが大切です。

脚太りの原因によっては放置しておくとどんどん太っていってしまうようになるので、脚痩せに効果的な方法でスッキリとした脚を手に入れましょう。

効果的な方法は3つ紹介するので、ぜひ参考にしてください!

ストレッチでむくみを解消

前途したように太ももが太くなってしまう原因の1つにむくみがありますので、むくみを解消することで太ももや脚を細くすることが可能になります。ストレッチによってむくみは解消することが出来るので、太ももだけでなく足全体のむくみを改善しましょう。

お風呂上りに行う

お風呂上りの体が温まっているうちに、仰向けに横になって足をあげて垂直に伸ばすだけの簡単なエクササイズです。太ももから足を伸ばすことによって、太もも、ふくらはぎ、お尻など下半身にたまった老廃物が循環するようになってむくみを取ることが出来るようになります。

開脚ストレッチ

開脚ストレッチというのは足を開脚して、左右のつま先に手を伸ばすだけの簡単なストレッチです。内ももの筋肉がしっかりと伸びているのを感じればストレッチ効果を期待することが出来ます。ただこれだけのストレッチですが、太もも痩せに効果的であると言われています。

エクササイズ

エクササイズでも脚痩せを行うことが出来ます。日ごろの動作を軽いエクササイズに変えることが出来てとても簡単なので、日常生活にぜひ取り入れてみてください。

つま先立ちエクササイズ

立っているとき、歩くときなどにつま先立ちになることで、足の引き締め効果を期待することが出来るエクササイズです。階段を昇降するときに行っても効果的ですよ。

つま先立ちで歩くことで太ももやふくらはぎなど脚全体の引き締めに効果的です。全力でつま先立ちをするのではなく、軽いつま先立ちで問題ありません。その際おへそあたりの下腹にキュッと力を入れるようにしてくださいね。くれぐれもケガをしないように注意してください。

太ももエクササイズ

太ももエクササイズは通学、通勤、デスクワーク中などに簡単に行うことができるエクササイズです。背筋を伸ばして椅子に座り、そのままの状態で10秒ほど体制をキープするようにすれください。

これを数セット繰り返します。座っている状態であれば簡単に行うことが出来ます。誰にも気づかれることなく、手軽に行うことが出来ます。

有酸素運動で脂肪燃焼(遅筋という筋肉な鍛えても太くなりにくく太った筋肉を鍛えるのがコツ)

太ももなどの脚は脂肪によって太くなってしまっている可能性があるので、脂肪を落とすことで脚痩せ効果を期待出来ます。そこでおすすめなのが有酸素運動です。

ウォーキングやジョギングなど息が上がる運動を行うことで、体内に酸素を取り込むことができるようになるので脂肪を燃焼することができるようになります。中でも太ももの筋肉は体の中で1番大きいので、正しく運動をすることで脚痩せ効果を期待することが出来ます。

かなりハードな筋トレを行えば脚に筋肉がついて脚痩せどころではなくなってしまいますが、激しい筋トレをしない限りはそこまで筋肉がつくことはないので、積極的に有酸素運動を行うことをおすすめします。

継続してエクササイズすることで脚痩せは可能!

スラッと細い脚に憧れを持っているという女性はとても多いと思います。脚というのは、男性だけでなく女性でも自然と目が行く部分ですよね。

足が太いとスカートなどを履くことも気が引けるようになりますし、細身のパンツもなかなか履くことが出来ません。

どうせ脚痩せなんて無理だし…なんて諦めてる人もいるかもしれませんが、ストレッチやエクササイズで太ももなどの脚痩せを期待することが出来ます。毎日継続して行うことでスラッとした脚を手に入れることは可能です。

むくんでいる場合でも脂肪がついている場合でもすぐにそれを改善することは出来ません。継続して行うことが大切になりますので、すぐに効果が出なくてもしっかりと続けるようにしてください。そうすることで理想の脚を手に入れましょう!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう