葉酸サプリを飲んだら体にかゆみが!私に合わない?サプリに問題が?

葉酸サプリを飲んだらかゆみが出てしまった、という人もいるようです。これは葉酸サプリが体に合わない可能性もありますが、他にも飲む人の注意が足りなかったということも考えられるのです。

葉酸サプリと「かゆみ」について、ご説明しましょう。

妊娠初期、お腹の赤ちゃんの正常な発育に欠かせない栄養素・葉酸。不足すると赤ちゃんの脳の成長に異常が出るとされていますが、妊娠初期は普段の葉酸必要量が倍になりますし、食べ物だけでは必要量摂りにくいと言われているため、サプリメントを飲んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし中には、「葉酸サプリを飲んだらかゆみが出てしまった」という人もいるのです。葉酸サプリが体に合わないために症状が出たのか心配なところですが、実は飲む側の注意が足りなかったという可能性が考えられます。

妊娠中は少しの異常もとても気になってしまいますが、飲む際に気を付ければ防ぐことができます。今回は葉酸と「かゆみ」の関係についてご説明するので、ぜひ参考にしてくださいね。

葉酸サプリを過剰に摂取していなかったか?

「そういえばここ数日、葉酸サプリを飲んでいなかった」と思い出して、1日に数日分過剰のサプリを飲んだーなんてことありませんでしたか?

サプリだから安全だと葉酸サプリをたくさん飲むのはNG

授かった我が子が少しでも元気に生まれてくるように、妊娠時は栄養にとても気を使いますよね。特に妊娠初期の葉酸は1日当たり必要摂取量が妊娠していなかった時の2倍量摂った方がよいと言われているので、葉酸の含有量が多い食材やサプリメント、ドリンクを選ぶ方も多いでしょう。

しかし、どんなにいい栄養素も、摂りすぎるのは体にも赤ちゃんにもよくありません。葉酸は薬ではないので副作用はありませんが、体に何らかの異常が出てしまうことがあるのです。

過剰摂取になることで皮膚病ではないのにかゆくなることも

葉酸サプリは食べ物に含まれている栄養素を効率的に摂取するための健康補助食品。なので1日の摂取目安量を守ればリスクはありませんが、必要量をオーバーすると「葉酸過敏症」を引き起こす恐れがあります。その症状の一つにかゆみがあるのです。

葉酸過敏症で報告されている不調はかゆみのほか、吐き気や食欲不振、不眠症、むくみがあります。良かれと思ってサプリを一度にたくさん飲むと、こうした不調を引き起こしてしまうので、摂取量はしっかり守りましょう。

葉酸の1日の推奨摂取量は400μg、摂取限度は1000μg

それでは葉酸の摂りすぎとは、どれくらいの量なのでしょうか。

厚生労働省は、妊娠中の葉酸摂取量は400μgで、上限は1000μgまでを推奨しています。一般的に市販されている葉酸サプリメントも厚生労働省の数値を参考に1日に何錠飲むといいか表記しているので、摂取量は必ず守りましょう。

食品の中には葉酸が非常に多く含まれているものもあるので、葉酸含有量が多い食材を調べてサプリメントは調整しながら飲むとよいでしょう。

葉酸サプリの「葉酸」が原因ではない?

一方で、かゆみの原因は葉酸によるものではないこともあります。肌の乾燥やアレルギーなど当てはまるものはありませんか?

妊娠初期にかゆみが出ることも

ホルモンバランスの変化で妊娠初期は肌に不調があらわれることがある

あるデータによると、妊娠初期の女性約45%にかゆみの症状が出ていることが分かっています。この原因の1つは黄体ホルモンの増加によるもの。黄体ホルモンは妊娠中の排卵や子宮の収縮を抑えるほか、子宮に水分を溜めたりする働きがあるのですが、このために肌に充分な水分が行き届かなくなって乾燥を引き起こしてしまい、かゆみが出てしまうのです。

妊娠中期にもなると、体がホルモンバランスの変化に慣れていくので乾燥肌も自然に改善されますが、かゆいからと我慢したり掻きむしったりしてしまうと肌荒れにもつながるので、こまめな水分補給と保湿クリームで乾燥を防いでくださいね。

サプリに含まれている葉酸以外の成分でアレルギーの可能性

ホルモンバランスのほかに考えられるのが、アレルギーです。葉酸自体にアレルギー性はほとんどないのですが、サプリには様々な原材料や添加物が含まれているので、葉酸以外の成分にアレルギーがある可能性もあります。

例えば葉酸サプリメントの原材料に含まれる「乳糖」は、増量剤としてサプリのカサを増やしたり、錠剤として固めたりするために必要なもの。しかし乳糖は牛乳から精製するので、牛乳アレルギーのある人は注意が必要なのです。

食品添加物に注意

サプリメントを飲む際に気になるのが、原材料に安全なものを使っているかどうかですよね。葉酸サプリをはじめ、多くのサプリメントには注意したい添加物が含まれているので覚えておきましょう。 

合成甘味料

錠剤を飲みやすくするために含まれているものですが、中でも 「ショ糖脂肪酸エステル」や「アセスルファムK」は赤ちゃんの染色体異常を引き起こし、奇形や脳障害を招く恐れがあると指摘されています。また砂糖より甘味が強いため甘味依存が高くなり、肥満や糖尿病になる可能性があります。このほか砂糖に近い甘さの「ステビア」は、高血圧やむくみなどの妊娠障害を引き起こすといわれているので要注意です。

香料

香りづけのために使われる添加物で、種類は100種類以上あります。中には毒性の強いものがいくつかあり、代表例の「イソチオシアン酸アリル」と「ベンズアルデヒド」には発がん性の危険があります。妊娠中だけでなく、出産後も家族で意識して摂らないように心掛けたいですね。

着色料

「二酸化チタン」という着色料物質は妊娠中は危険とされています。アメリカでは、二酸化チタンは不妊の原因になるほか、発がん性が高い物質の1つに数えられています。また「ラック」や「コチニール」は動物性たんぱく質のアレルギー報告があります。

これら添加物は例え上記の成分が入っていても、パッケージの裏に「人口甘味料」「香料」「着色料」としか表記されないケースもあります。心配な方はメーカーに直接問い合わせてみるといいでしょう。

剰摂取でかゆみが?飲むのをやめて様子をみる

ここでは過剰摂取が原因のかゆみ対策をはじめ、日常的に気を付けたいことについてご説明します。

過剰摂取が原因でかゆみがでたのならしばらく飲むのを止めてみる

「そういえば1日分のサプリ摂取量を守らなかった…」と過剰摂取に心当たりのある場合は、数日サプリの摂取を控えることで、かゆみがじきに収まっていきます。

葉酸は水溶性ビタミンの一種なので、水に溶けやすい性質があります。そのため消費できずに残ったものは尿と一緒に排出され、時間の経過と共にかゆみは治るのです。

サプリを控える間は、葉酸を豊富に含む食べ物を意識して食べましょう。ただ葉酸は調理法によって大半が失われてしまうので、電子レンジによる加熱や生のまま食べられる食品を食べるといいですね。

それでもかゆみが続くのなら、他に原因がある可能性が

サプリを止めてもかゆみが続く場合は、ホルモンバランスの変化による肌質の変化が原因かもしれません。

気を付けたいのが、十分な水分補給と肌の保湿です。赤ちゃんの成長のために体の水分が奪われるので、普段通りの水分補給や保湿をしても足りません。飲む水分量が今までと同じだと体内水分量がどんどん不足してしまうので、1日のうちにこまめに摂りましょう。また「ベタベタするからクリームはつけたくない」という人も、さっぱりタイプのものを選ぶようにして、季節問わずしっかり保湿しましょう。

このほかにも、妊娠中は抵抗力が下がるため肌が敏感になっています。洗浄力が強い石鹸を使うと肌を刺激してしまうので、自然由来の成分で作られた石鹸を使うのもおススメです。

かゆみだけでなく赤くなったり腫れたりした時はアレルギーかもしれない

先ほども説明したように、葉酸サプリには葉酸だけでなく様々な添加物が入っています。アレルギーのある方がアレルゲン物質が入っていると知らずに飲んでしまうと、かゆみだけはなく皮膚が赤く腫れあがってしまうことがあります。

アレルギー体質の方は、飲む前にしっかりとパッケージの原材料部分を確認することが大切です。

激しい症状が出た時は放置せず医師の診察を受ける

アレルギーはかゆみや皮膚の腫れといった皮膚症状が一番多いですが、より症状が重いと呼吸困難や腹痛、嘔吐といったものや、最悪の場合、アナフィラキシーショックを起こして意識を失ってしまう恐れもあります。

自分もおなかの赤ちゃんの健康も守るためにも、アレルギー症状が出たら早い段階で病院に行って診察を受けてください。

まとめ

葉酸とかゆみの関係や対策についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

痛みや、パッと見てすぐわかる蕁麻疹とは違って、かゆみは異変として認知されにくいです。また妊娠中は病院で診察を受けても薬を処方してもらいづらいため、強いかゆみも我慢して掻き毟って赤く腫れてしまう人もいますが、そうすると跡が残ってしまいますよね。
 
中にはアレルギーの恐れもあるので、サプリを控えただけで収まらなければ「たかがかゆみだ」と我慢せず、医師に相談することが大切です。早めの治療と解決で健康で快適な妊娠期だけでなく、無駄な掻き毟りも抑えられるので、出産後もキレイな肌でいられますよ。

このページ内容と関連した記事:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう