これ以上シミを作らず増やさないための原因と対策

大敵!シミができるメカニズム

美肌の大敵『シミ』シミが一つあるだけで見た目年齢がグッと上がり、老けた印象になってしまいますよね。

シミは多くの方がご存知の通り、紫外線などの様々な原因によってメラニンが過剰に作られて作られます。でも実は、シミの元となるメラニンを増やすのは紫外線だけではなかったんです。

シミの原因

シミを作らない、これ以上増やさないためにもシミの原因をしっかりと把握し、対策を行う事が最も重要です。

紫外線

シミの元であるメラニンを発生させる原因として有名のが紫外線ではないでしょうか。

紫外線によって肌の細胞の核がダメージを受けると、細胞の壊死や皮膚ガンを引き起こします。これを防ぐため、私達の体にはメラニン色素を発生させ細胞の核にまでダメージが及ばないように守る働きが備わっています。

女性にとってシミは邪魔なものですが、実は体を守るための大事な働きなんですね。だからこそ、シミの原因となり肌を傷つける紫外線対策はしっかりと行いましょう。

ストレス

メラニンを発生させるのは紫外線だけではありません。実はストレスもメラニンを増やす原因になっています。

過剰なストレスはお肌のトラブルを引き起こす原因となり、さらには体内で活性酸素をたくさん発生させます。肌トラブルや活性酸素によって肌がダメージを受けると、体がメラニンを作り肌細胞を守ろうと働きます。

綺麗な肌や健康な体のためにもストレスを溜め込み過ぎるのは良くないので、自分にあったストレス発散方法を見つけましょう。

肌荒れ

ニキビなどの肌荒れに悩む女性も多いと思いますが、炎症を起こしたりなど肌細胞へダメージが及ぶとメラニンが発生し、色素沈着を起こす事があります。ニキビ跡などと呼ばれ、赤や黒いシミのなることもあります。

生活習慣の乱れ

食事の乱れや睡眠不足など、生活習慣の乱れは栄養の偏りや新陳代謝の低下などを引き起こします。

肌細胞は常にターンオーバを繰り返し、本来であればメラニンが作られても自然に排出されるため、シミとなってお肌に残ることはありません。

しかし、生活習慣の乱れによって新陳代謝が低下し肌のターンオーバがうまく機能しなくなると、メラニンが溜まり続けシミの原因になってしまいます。

加年

若い頃は意識しなくても綺麗なお肌を保てたのに、40歳を過ぎた頃からシミが目立つようになってきた。そんなお悩みをもつ方も多いと思います。長年積み重なった蓄積ダメージがシミとなってお肌に現れてきます。

また加齢により肌のターンオーバの周期は変化します。20代では28日生まれ変わっていた肌が40代になると55日、50代では75日と多くの日数が必要となりダメージも蓄積、またシミが現れやすくなります。

シミは種類も様々

シミと言っても様々な種類があるのをご存知ですか?

シミの種類によって対処法も変わってくるので、まずは自分がどのシミのタイプか把握しましょう。

肝斑

肝斑は頬骨に沿って現れるシミです。モヤモヤっと輪郭がハッキリとしない形状のものが多く、比較的広範囲に現れるので、肝斑に悩む女性は多くいます。

治りにくいとされる肝斑は30代から40代に多く見られ、女性特有のシミと言われています。肝斑の原因は女性ホルモンの減少、乱れに関係しており妊娠などをきっかけに発症することもあります。

肝斑は主に内服薬での治療法が多く、市販薬や皮膚科で処方された薬によって改善が見込めます。

老人性色素斑

老人性色素斑とはこれまでに積み重なった紫外線ダメージが肌に現れるシミで、40代前後に多く発症します。シミは薄茶色で輪郭がハッキリしたものが多く、見た目年齢もグッと上がってしまうため、しっかりとケアしたいシミです。

老人性色素斑は皮膚科での治療が効果的で、ピーリングやレーザー、外用薬などを用いて治療をしていきます。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは、ニキビなど肌の炎症によってメラニンが生成されそのままメラニン色素が残ってしまった状態のシミです。炎症が治まった後も跡が消えないなど形は様々で、シミの濃さも炎症度によりまちまちです。

炎症後色素沈着の治療は皮膚科でのレーザーや外用薬での治療の他、市販の美白化粧水などの外用薬も効果的です。また、一度炎症後色素沈着が起こっても肌のターンオーバにより自然と治る場合もあるので、新陳代謝を上げターンオーバをしっかりと行う事で改善する場合もあります。

ソバカス

ソバカスは一般的なシミと違い遺伝生のあるシミです。紫外線ダメージにより濃くなることもあり、遺伝によってソバカスがある場合紫外線対策は必須です。

ソバカスの治療法はレーザーが効果的です。整った生活習慣や食生活などでも改善が期待できるので、規則正しい生活を心がけましょう。

これ以上シミを増やさないために

すでにシミに悩んでいる人もまだの人も、シミを作らない増やさないためにどんな事ができるのでしょうか?日々の中で簡単に出来るシミ対策をご紹介します。

紫外線対策

なんと言ってもシミ対策で1番重要なのが紫外線対策です。夏場や晴れの日だけでなく、毎日365日紫外線による肌ダメージは蓄積されています。

日焼け止めはもちろん、目からの紫外線ダメージを防ぐサングラスや日傘など紫外線対策アイテムを駆使してしっかりと対策をしましょう。

肌を整える

シミができてしまっても肌のターンオーバによって消すことができます。またシミの原因となるメラニンも排出する事ができるのでシミ予防にも効果的です。

肌の働きをしっかりと整えることで、綺麗な肌に生まれ変わります。まずは化粧水などに頼る前に、定期的なピーリングを行いターンオーバが上手くいくように肌を整えましょう。

生活習慣の見直し

生活習慣の乱れは肌の乱れです。睡眠不足や栄養の偏りは肌の代謝を衰えさせ、規則正しいターンオーバを妨害します。肌のためにも体のためにも、生活習慣を整えることが大切です。

食事でできる!シミ改善策

シミ対策として様々なサプリメントなどが発売されていますが、毎日の食事も少し気をつけるだけでシミに効果的な栄養をしっかりと摂取することが可能です。

シミに効く、効果的な栄養素を紹介しますので、是非毎日の食事に取り入れてみてください。

ビタミンC

シミといえばビタミンCと言うほど有名な栄養素ですよね。

ビタミンCには肌に残ってしまったメラニン色素を普通の色素に戻す働きがあります。すでに出来てしまったシミの改善はもちろん、シミの原因となるメラニン対策も出来る素晴らしい栄養素です。

ビタミンCはパプリカやパセリ、ゴーヤなど緑黄色野菜に多く含まれています。またレモンやキウイなどのフルーツにもたくさん含まれているので、毎日手軽に摂取することができます。

ビタミンCは体に溜めておくことが出来ないので、毎日摂取し続けることが必要です。食事にフルーツや野菜を多く取り入れるようにしましょう。

ビタミンE

ビタミンEは若返りの栄養素と呼ばれており、強力な抗酸化作用を持ちます。肌細胞の老化を防ぐため、シミ予防に最適です。

ビタミンEを手軽に摂取出来るオススメの食材はアーモンドです。アーモンドは天然のサプリメントとも言われるほど栄養が豊富に含まれており、調理も必要なくそのまま食べられるので毎日のビタミンE補給に最適です。

β-カロテン

β-カロテンはビタミンEと同じく強力な抗酸化作用を持っており、シミ予防に効果的です。肌の健康維持に欠かせない栄養素で、代謝を上げ肌を整えてくれます。

β-カロテンは緑黄色野菜から多く摂取でき、シソやカボチャ、ニンジンなど取り入れやすい野菜に多く含まれています。熱に強いβ-カロテンは油と相性が良く、野菜炒めなどで調理すると効率良く吸収できます。

シミの悩みにさよなら!予防と対策で綺麗な肌に

目立ちやすい顔に出来るシミ。そのためシミに悩む人も多いと思います。しかし、できてしまったシミにも治療法はたくさんあります。

また毎日の生活で少し気をつけるだけでシミ予防も確実に出来るので、紫外線や生活習慣の乱れなどできることから始めてみましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう