飽き性でも美味しく続けられる「みらいのこうそ」が大人気!砂糖不使用・乳酸菌と酵母のダブル抽出

数年前から酵素ダイエットが人気を呼んでいます。芸能人では、漫画家の浜田ブリトニーさんや芸人の髭男爵・山田ルイ53世さんなどが酵素ダイエットで痩せたと話題になっていて、市場では多くの酵素系ダイエット商品が発売されています。

口コミを見てみると、成功した人と失敗する人がいるようです。実は酵素ダイエットには様々な落とし穴があり、それに気づかないと反対に太ってしまう可能性もあるのです。

今回は失敗しない酵素ダイエットの注意点と失敗例について、また飽き性だったり手軽に安く酵素ダイエットをやりたいという人におすすめ、タマチャンショップの「みらいのこうそ」についてお話していきます。

巷で人気の酵素ダイエットには落とし穴も…

実はやり方次第では逆に太ってしまうことがあります。

酵素ドリンクは糖分が多い

手軽に酵素を摂取できるとして巷で人気を呼んでいますが、実は多くの酵素ドリンクは原料を砂糖漬けにしエキスを抽出しています。その砂糖の割合は約60%も。

もちろんカロリーも決して低くはありません。酵素ドリンクだからと安心して飲んだだけでいると、ダイエット目的なのに反対に太ってしまうという悲しいケースもあります。

お菓子やインスタント食品を摂りすぎると酵素が減る

糖分や脂質がたっぷり入ったお菓子やインスタントなどの加工食品は、食物酵素を含んでいません。そのため、こうしたものを食べすぎると消化酵素が普段より多く使われるため、代謝酵素が消化酵素に回されてしまい、酵素ダイエットの効果も出にくくなります。なので、インスタント食品やお菓子に偏った食事はなるべく控えるようにしましょう。

酵素は熱に弱い

酵素は、熱に弱いという弱点があります。中には70度ほどでも活動できる酵素もありますが、多くが50度ほどで不活性化してしまいます。食物酵素は生の野菜や果物、発酵食品に多く含まれていますが、加熱調理して食べるとほとんど意味がなくなってしまうのです。

味に飽きたり、費用がかさんだりして続けられない

一般的な酵素ドリンクは、独特な酵素のにおいがしたり、砂糖漬けにされたために甘いものが多く、口コミを見ると飲み続けることができなかったという人が多く見られます。

1杯当たりの費用も平均約150円~800円以上などと高いものがほとんどです。いくら体やダイエットにいいからと言っても、これではなかなか続けられませんよね。

ここまでをまとめると

上記のような酵素ダイエットの盲点を知らない人は酵素ダイエットに失敗しやすい特徴があります。しかし酵素で腸内環境を改善しないと、いくらダイエットを頑張っても痩せにくい状態のまま。そこでお勧めなのが、「みらいのこうそ」なのです。なぜみらいのこうそがお勧めなのか、その理由についてお話していきます。

食品屋が作るみらいのこうそ

みらいのこうそは、食品屋が原料にこだわり抜き、酵素を効率よく摂取できる粉末の商品です。

新鮮な果物と野菜を贅沢にたっぷり使用

みらいのこうそに使われている原料は、トマトやセロリ、レタス、きくな、ブロッコリー、白菜、しいたけ、昆布、いちご、すもも、甘夏みかんなど、新鮮な野菜や果物に加え、海藻やキノコを数十種類も使っています。

これらから取れたエキスをフリーズドライ化で粉末にしているので、原料の栄養もしっかり摂れるのです。

砂糖は不使用。乳酸菌と酵母のダブルで酵素を抽出

多くの酵素ドリンクは、原料を砂糖づけにして発酵し、酵素を抽出しています。そのためドリンクの大半が砂糖で構成されているのです。糖分はダイエットの敵なので、これではダイエットにいいと言い切れませんよね。

一方でみらいのこうそは、砂糖を使わず、乳酸菌発酵と酵母発行の二段階仕込みで酵素を抽出しています。さらに酵素液の中で特に食物繊維と酵素濃度が高い部分をフリーズドライ化しているので、一般的な酵素ドリンクと比べて糖分は半分以下、酵素は倍以上含まれているのです。

酵素のチカラを発揮させる「補酵素」としてビタミンCもプラス

酵素の力を活かすためには、補酵素の存在が必要不可欠です。その補酵素に当たるのがビタミンCなのですが、ビタミンCは還元力が強く、酵素に触れると自らは酸化してしまうため、商品が届くころにはビタミンCが減少してしまうのです。

みらいのこうそでは、ビタミンCの劣化を防ぐため特殊コーティング。なんと1年経過後もビタミンCがほとんど残っているのです。

続けられる値段

みらいのこうそは1杯なんと90円未満!粉末化にすることで、低価格が実現できました。

一般的な酵素液は、約12回~24回分で4000円~10000円で1回分166円~833円ですが、みらいのこうそは、それらと比べると圧倒的なコストパフォーマンスが自慢です。

レビューも高評価

酵素を効率よくおいしく、そして安く摂ることができるみらいのこうそは、各方面から熱い支持を得ています。

楽天では年間ランキング総合1位を4年連続で受賞。気になる評価は、2015年12月現在で4.42と高評価を得ています。さらに各女性雑誌でも掲載されていて、注目の的となっているのです。

みらいのこうそ愛用者の口コミ

「半年以上毎日飲んでいます。便秘が解消されて3キロ落ちましたが、それよりもお肌の改善がすごいです。30歳を過ぎた頃からたるみや毛穴が目立ち、時間が経つとファンデがたるみにたまるというみっともない状態で困り果てていたんですが、これを飲み始めてたるみがなくなりました。また生理前の吹き出物や背中ニキビもあまり出来なくなりました。液体酵素に比べてコスパがよく続けやすいので助かっています」(30代女性)

「一日に何杯も飲めそうなくらい美味しいです。炭酸で飲むのが一番好きです。朝食をみらいのこうそに置き換えて半月で3キロ痩せました。これからも続けたいです」(40代女性)

「冷水や炭酸割りがほんとに美味しいです。朝昼は普通食で、夕飯を抜いて酵素プラス1品(サラダやお味噌汁等)で飲んでいるのですがそれほど空腹感なく過ごせます。なによりも酷いガンコなお通じが飲み始めた翌日から解消。毎日出るなんて子供の時以来だと思います。今までお通じ解消といえば、軟便だったり下痢に苦しむばっかりだったのですが、これは違います。まだ飲み始めて1週間ですが1.5キロ程減ってます。今後に期待!」(30代女性)

効果的な飲み方

それではみらいのこうそをどのように飲むといいのか説明します。

どうやって飲むの?

酵素は独特のにおいがあり、それを苦手とする人は少なくありません。しかしみらいのこうそは、特殊な技術により粉末をコーティングしていあるので、爽やかで飲みやすく、150㏄の水に溶かすだけでサッと飲めます。

注意することは、50度以上のお湯に溶かさないこと。先ほどもお話ししましたが、酵素は熱に弱いので、お湯は厳禁です。

飽き性の方にピッタリ!いろんな飲み方ができる

みらいのこうそはいろんな飲み方を楽しむことができます。水や炭酸水はもちろん、フルーツジュースや野菜ジュース、牛乳とも相性がばっちりですし、ヨーグルトに混ぜて食べるのも人気のようです。

成人限定の楽しみ方としては、焼酎や酎ハイに混ぜるのも。お酒に入れる場合は、最後の一杯にまぜることで、翌朝もお酒を引きずらずにすっきり起きることができるようです。

まとめ

これまで「みらいのこうそ」についてお話してきましたが、いかがでしたか?

一般的な酵素ドリンクと違って、原材料や酵素の抽出方法にこだわっているうえ、美味しく続けられますし、粉末なので保管しやすいですね。

これまでダイエットであまり効果が表れなかった方も、みらいのこうそで効率よく体内に酵素を届けて、痩せやすい体をゲットしてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう