食べたいを我慢しない!スルスルこうそで痩せやすい体をゲット

気になるポッコリお腹。ダイエットをしなきゃとは思っても、炭水化物が大好きでやめられなかったり、コンビニ弁当や外食、お酒を飲む機会が多かったりと、なかなかダイエットに踏み切れないという人は少なくありません。

巷には低糖質や断食、置き換えダイエットなど溢れるほどのダイエット方法がありますが、どれも続けるのに根気がいりますし、一旦止めるとリバウンドしてしまいますよね。

実はこうした心当たりがある人に、消化酵素を含んだ「スルスルこうそ」がおすすめです。食べたいを我慢せずに飲むだけで痩せやすい体に変身させてくれるのです。そこで今回は、スルスルこうその秘密について検証していきます。

ダイエットには基礎代謝を上げることが大切

ダイエットをしている方なら、基礎代謝という言葉を聞いたことがあるでしょう。それでも詳しく知らないという方も少なくないと思うので、まずは基礎代謝とダイエットの関係についてお話します。

基礎代謝って?

基礎代謝とは、簡単に言うと体を動かずにいても消費されるカロリーのことです。運動をしなくてもカロリーが消費される理由は、呼吸や内臓機能、体温維持など体の中で様々な活動が行われているから。

寝ているときもテレビを見てごろっとしているときも、体の中では必ず生命活動が行われていますよね。基礎代謝のカロリー消費が大きいのは筋肉や脳、肝臓で、これらが基礎代謝のほとんどの割合を占めています。

基礎代謝は消費カロリーの大半を占める

基礎代謝量は人によって差は大きいですが、成人男性の場合は一日で1500‘kcal、成人女性の場合は1200kcalほどと言われています。

これは1日消費カロリーの6~7割を占める量。一方で、運動や日常生活でカロリーを消費するのは3割程度なのです。つまり痩せるには、基礎代謝を挙げることが大切なのです。

代謝と酵素の関係

それでは、基礎代謝を上げるために必要なものとは何でしょうか。

代謝は年を取るたびに落ちてくる

残念なことに、基礎代謝は年齢とともに下がってしまいます。そのため、「昔はたくさん食べても太らなかったのに、最近は食べる量が減ったのに痩せにくくなった」「出産後太りがなかなか解消しない」というのには、そうした理由があるのです。

〝20才を境に基礎代謝量は年々減少。仮に20才になっても17才と同じ食生活を続けて、基礎代謝が減った分のエネルギーが脂肪にかわるとすると、1日で13g、1年間で3.6kgの脂肪をため込む計算に。〟(引用:エステのエルセーヌ)

代謝を上げるにはどうしたらいい?

それでは基礎代謝を上げるにはどのようにすればいいのでしょうか。

筋肉量を増やす

ひとつめは筋肉量を増やすこと。先ほどお話ししたように、基礎代謝は筋肉でも大きく消費されています。なので筋肉を鍛えて、筋肉量を増やすのが基礎代謝アップには有効なのですが、最近はデスクワークの仕事が増えたり、車や電車移動ばかりで歩かなくなったりなどと、筋力が落ち、基礎代謝も同時に落ちている人が多いと言われています。

食事で酵素を補う

二つ目は酵素が多く含まれる食材を積極的に食べることです。代謝は、体内にもともと存在し、上限数が決まっている「消化酵素」と「代謝酵素」、そして食べ物に含まれている「食物酵素」の3つに分類することができ、それぞれが不足する酵素の働きを支えあっています。

例えば、大量にご飯を食べたときは消化酵素が間に合わないため、代謝酵素が不足分にあたることがあります。食物酵素は体内で消化酵素のように食べ物の消化をサポートする働きがあるので、食物酵素を摂ることで、代謝酵素が無駄使いされるのを防ぐことができるのです。

酵素が不足する理由

しかし酵素は加齢で年々減少してしまいます。特に30歳ころから体内の酵素量は右肩下がりに減少。また酵素は加齢だけでなくストレスや喫煙、生活習慣の乱れなどによっても減っていくのです。

以前までは、特に日本人は野菜や発酵食品をよく食べていたので、体内酵素が減少しても食物酵素で不足分を補うことができていましたが、最近では食の欧米化が進み、野菜や発酵食品を食べる量が減ったことも、結果的に体内酵素を減らしてしまっているのです。

食事で酵素を取るのは大変

「それでは酵素が豊富な食事をとればいいのでは」と思いますが、意外と酵素は食事から十分な量を摂るのは大変です。その理由は、酵素は熱に弱いから。50度ほどの温度で多くの酵素が不活性化してしまうので、加熱調理してしまうとせっかく量を食べても酵素が体内で働かないのです。

厚生労働省は、1日350gほどの野菜を食べる必要があると呼びかけていますが、これだけの量をサラダなど生の状態で毎日食べ続けるのはかなり厳しいですよね。

手軽に酵素を補給するには、スルスルこうそがおススメ!

意外と摂るのが大変な酵素を、手軽にかつ効率よく摂れるのが「スルスルこうそ」です。

5つの消化酵素と80種類の素材

スルスルこうそには、アミラーゼ、セルラーゼなど5種類の消化酵素と、ヨモギ、アガリクス、ドクダミなど80種類の野草発酵エキスを配合しています。

配合されている消化酵素は、それぞれ働きが異なり、アミラーゼは炭水化物、セルラーゼは野菜や果物、リパーゼは脂肪、プロテアーゼはたんぱく質を分解してアミノ酸に変え、ラクターゼは乳糖を分解します。また野草エキスは栄養価がとても高いので、満腹中枢を刺激したり、腸内環境を整えたりする働きがあります。

500億個の乳酸菌も配合

善玉菌の乳酸菌が、スルスルこうそ1粒に500億、ヨーグルト5個分の乳酸菌が配合されています。乳酸菌は便秘を解消してくれる役割があるとして、最近「痩せ菌」と呼ばれている、ダイエットに大切な菌なのです。脂肪を代謝した後は、しっかり排泄して体の中をすっきり綺麗にします。

どんな効果があるの?

成分を見ると、なんだか体に効きそうな印象を受けますが、それではいったいどういった効果があるのでしょうか。

摂取すると炭水化物がスルスル溶ける!

先ほどお話しした、サプリメントに含まれている5つの消化酵素ですが、それぞれ働きの違う酵素を含むことで、胃の中で食べ物をスルスルと溶かしていくことができるのです。

そうする事により、消化酵素に余裕ができるようになるため、代謝酵素が消化に回される量が減り、代謝酵素が十分な量を保ったままメラメラを脂肪を燃やすので代謝がアップするのです。

それでは胃の中でスルスルこうそがどのような働きをするのか、実験VTRがあるので見てみましょう。

無理なくダイエットできる!管理栄養士が考案

ダイエットというと、食事を抜くファスティングや糖質制限などが早く効果が表れるとして注目されています。確かに摂取カロリーをがくっと下げることで短期間で大幅減量は可能ですが、そうした生活をずっと続けていくのは無理ですよね。

結果、リバウンドして痩せにくい体になってしまいますし、栄養不足になって免疫力が落ちてしまいます。しかし、スルスルこうそは体内から痩せる仕組みを整えてくれる優れもの。しかも考案したのは、美容ライターや管理栄養士として各メディアで活躍している豊田愛魅さん。

「食べないから痩せる」という不健康ダイエットをやめ、しっかり食べながら酵素を働かせて燃えやすい体を作るので、無理なくダイエットができるのです。

実際のレビュー

「夕方くらいになると疲労感が凄くて雰囲気もどんよりしてしましたが、このサプリを飲み、酵素を摂り入れるようにしてからは、疲れを感じにくくなりました。それもあって軽い運動始めたんですけど1ヶ月後くらいに体重が2キロちょっと減っててビックリ!ただ近所を20分くらい歩いてただけなのに。飲むだけで痩せるっていうのはなさそうですが、正しく付き合えばちゃんと結果をもたらしてくれます。」(30代女性)

「 毎日運動したり、きつい食事制限をしたりするのは、続かなくて苦手だった私ですが、これは珍しく半年以上続いています。いつも通りの食事をしていても、お腹がへこんできたし、顔も少しすっきりしてきました。あとは足が細くなりたいので、軽いストレッチをしています。これを飲んでいて、何か制限される事がないのが良いですね。」(30代女性)

「 約1カ月でー2キロ!自分でも驚きの結果でした。後先考えない自己流ダイエットのせいで、痩せにくい体質になってしまったのを変えたくて始めたのがきっかけです。代謝が良くなってもそれを活かせなかったら意味がなくと、苦手な運動も頑張りました。それがこうして身を結んで、とても嬉しいです。また、基礎体温が平均的になってきたのが関係してるのか、冷えとかコリとか楽になりました。」(40代女性)

まとめ

これまでスルスルこうその特徴などについてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。ダイエットというときつい食事制限やハードな運動を連想してしまいがちで、その結果長続きしなかったり、リバウンドしたりします。

スルスルこうそを使えばストレスフリーでダイエットを続けることができるのです。最近お腹のポッコリが気になってきた人も、炭水化物が大好きだという人も、スルスルこうそで体の中から痩せやすい体質に生まれ変わりましょう!

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう