【困る】葉酸サプリでを飲むと下痢になる可能性があるというウワサは本当?

妊娠中、葉酸はとても良い成分と言われていますが、葉酸サプリを飲むと下痢をするという話しを耳にすることがあります。
体に良いと言われているから摂取するのに、下痢になるのなんて嫌ですよね。
ましてやお腹に赤ちゃんがいるときに下痢などの体調不良は避けたいところです。

葉酸サプリを摂取すること下痢をするというのは本当なのでしょうか?
ウワサの真相を見ていきましょう。

葉酸サプリで副作用を起こすことはない?

アレとコレの飲み合わせは良くないというように、葉酸サプリにも良くない飲み合わせがあるとされていますが、葉酸サプリは薬ではありません。
あくまでサプリメントですので、医薬品のような成分は入っていません。
ですから、葉酸サプリメントで副作用がおこるということはほとんどないと言われています。

では、どうして葉酸サプリを飲んで下痢をしたというようなウワサがあるのでしょうか?
副作用を起こすことは本当にないのか調べてみました。

葉酸サプリは医薬品ではないから基本的に副作用はない

医薬品ではなくサプリメントである葉酸に副作用は基本的にはないと言われています。
薬は効果がある分、多少の副作用がつきものです。
食品アレルギーがある場合などは別ですが、、食品であるサプリには副作用はありません。

そうは言っても摂取し過ぎると栄養のバランスが崩れてかえって体に良くないといことになってしまいますので、そのあたりは注意しなければなりませんが、天然の原料で作られたものであれば副作用の心配をする必要はないでしょう。

サプリを飲んだことで下痢をしても葉酸が原因ではない

葉酸自体に腸の調子を悪くするというような働きはありません。
腸の調子を活発にし過ぎるというような作用もないので、葉酸サプリを飲んだこと自体が下痢の原因になったという可能性はとても低いです。

前途したように、医薬品ではない葉酸サプリで副作用が起こるということは基本的には考えられないので、もしも下痢をしたというのであれば葉酸ではなくて他に原因があると考えるのが賢明でしょう。
赤ちゃんに何か影響があるということもないので、心配はいりません。

ではなぜ葉酸サプリを飲んだことで下痢をしたのか

葉酸は医薬品ではないので、下痢のような副作用が起こることはあり得ないはずなのですが、葉酸サプリを摂取して下痢になったという人が実際にいるのは事実です。

では、あり得ないはずのことがどうして起こったのでしょうか?
葉酸サプリを飲んだことで下痢をした理由として考えられることがいくつかあります。
 

過剰摂取が原因

葉酸自体に下痢になるというような作用はないので、過剰摂取したからと言って必ず下痢になるということはありません。
ですが、葉酸サプリにはお腹をゆるくする作用があるビタミンCが含まれていることも多いです。

そのため、ビタミンCが含まれている葉酸サプリを過剰摂取すると下痢になる可能性が出てきます。
しかし、これも過剰摂取した場合の症状で、用量を守っていれば下痢になるということは滅多にないでしょう。

葉酸以外の添加物が原因

下痢が葉酸の副作用であるとは考えにくいので、葉酸サプリを飲んで下痢になったという場合は葉酸サプリに配合されている葉酸以外の添加物が原因であるという可能性もあります。

葉酸サプリに含まれている添加物が体に合わないために、下痢を引き起こしているという可能性は大いにあります。妊娠中というのは特に体が敏感になっているので、普段は反応しない添加物にも反応してて下痢になるということもあります。
下痢を予防するためにも無添加の葉酸サプリがおすすめです。

体質的に胃腸が敏感な場合刺激になることも

普段生活をしていても下痢になることってありますよね。
体質的に胃腸が弱い人であれば、下痢になることも珍しくないのではないでしょうか。

下痢になる要因にもさまざまなことが考えられます。
食生活や仕事などのストレス、日々の疲れなどいろいろなことが原因で下痢になりますので、その時期に葉酸サプリを飲みだすと、サプリのせいで下痢になったと思ってしまうのです。

逆に葉酸不足が下痢を起こすことも

葉酸は水溶性ビタミンの一種で、血液の生成に関わっている重要な栄養素です。
妊婦さんにも摂取が奨められるほど身体に良い成分ですので、葉酸が不足すると身体のだるさ、口内炎、めまいなど身体にいろいろな不調が現れるようになります。

葉酸が不足することで下痢、それに伴う体重減少が起こることもあると言われています。
葉酸不足になって起こる体調の変化は、葉酸を適量摂取することで改善するしかありません。

体内で葉酸が少なくなってくると下痢をすることもある

葉酸サプリを飲むことで下痢になるというウワサがありますが、実際はその逆で葉酸が不足すると下痢を起こしやすくなると言われています。
体内で葉酸が不足してくると下痢や貧血、息切れなどいろいろな症状が出てくるようになります。

葉酸はビタミンの一種で体内で作りだすことが出来ないので、食べ物などから摂取するしか方法がありません。

しかし、食べ物から摂取出来る量はそれほど多くないので、必要量を摂取するのに役立つのがサプリメントなのです。
葉酸サプリで下痢になるどころか、下痢を予防・改善してくれる効果を期待することが出来ます。

下痢に悩んでいる場合葉酸を摂取することで改善の可能性が

葉酸が不足することで下痢の症状が起こることがあると言いましたが、それを改善するには葉酸を意識的に摂取するようにすることが1番です。

そうはいっても葉酸を食事から豊富に摂ることは難しいので、そのようなときは葉酸サプリをうまく活用するようにしましょう。

良く下痢になる・・・というような場合は葉酸不足である可能性が考えられるので、妊娠していなくても下痢で悩まさているのであれば葉酸サプリを摂取してみてはいかがでしょうか。
もしかすると下痢の症状が改善するかもしれません。

下痢をしても赤ちゃんへの影響はない

葉酸サプリが原因で下痢になるというようなことは基本的にはありません。
葉酸サプリを飲んでから下痢のような症状が出る人も稀にいるようですが、これまで説明してきた通りその症状は葉酸サプリが直接の原因ではないことがほとんどです。

ですが、妊娠中に下痢をすると赤ちゃんへの影響はないのか心配になる妊婦さんも多いと思います。
妊娠中の下痢というのは赤ちゃんに影響するのでしょうか?

葉酸サプリで下痢をしても赤ちゃんには問題はない

葉酸自体に下痢の副作用があるということは発表されていませんし、実際に葉酸サプリにそのような副作用はありません。
普通に利用していれば問題なく安心して飲み続けることが出来るでしょう。

しかし、葉酸に含まれるほかの栄養素や添加物が原因で下痢になってしまった場合、赤ちゃんは大丈夫なの?と気になるのは当然ですよね。

ですが、葉酸サプリの栄養素や胃腸が敏感になっていたことによって下痢になっても赤ちゃんに影響することがありません。
問題ないので、あまり気にしないようにしてください。

体調が悪い時は摂取を控えて様子をみる

葉酸サプリは妊娠中に良いと言われていますが、妊娠中というのは体がいつもと違う調子になるということも少なくありません。

ホルモンバランスなどの影響で敏感になっていることもありますので、葉酸サプリを飲んだことで体が反応して、蕁麻疹や吐き気がごく稀に起こることもあります。

そのような場合は葉酸サプリの摂取をいったんやめるようにしましょう。
体調が悪いときに無理に摂取する必要はありませんので、1度摂取を控えて様子を見るようにしてください。

添加物が含まれていないサプリを選ぶ

葉酸サプリには葉酸以外にもいろいろな成分が含まれています。
葉酸サプリを飲んで下痢になったという場合、もしかすると葉酸サプリに含まれている添加物が体に合わず、下痢を引き起こしているのかもしれません。

サプリメントもピンキリで中にはあまり質が良くないものもありますので、お腹の赤ちゃんのこともきちんと考えた上で、葉酸サプリを飲むのであれば質の良い無添加のものを飲むようにしましょう。

適量を守って正しく飲む

サプリメントは薬ではないと言ってもたくさんの量を摂取するのは危険です。
葉酸サプリに限らず、どのサプリにも1日の摂取量というものが定められています。
たくさん飲むほど体に良いというわけではありませんので、適量は必ず守るようにしましょう。

せっかく体に良いものも過剰摂取すると、体調を崩す原因になってしまいます。
過剰摂取にならないように適量を守って正しく飲むようにしましょう。
葉酸サプリで推奨されているのは1日400ugという量ですので、それを目安に摂取するようにしてください。

まとめ

葉酸サプリをはじめとしたサプリメントは、医薬品ではないので厳密には「副作用」は存在しません。

ですから、葉酸サプリ自体に下痢になるような副作用はありませんが、紹介したように添加物、過剰摂取、体質などさまざまな要因によって下痢だけでなくその他に副作用のような症状が出る可能性はあります。

しかし、正しく摂取していれば葉酸サプリは妊娠中に必要な栄養素を補ってくれるとても有効なものです。

妊娠中の栄養の偏りは赤ちゃんにも影響しますので、安全性が高い葉酸サプリをうまく活用して元気な赤ちゃんをうんでください。

このページ内容と関連した記事:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう