ラクビで腸内環境を整えて痩せ体質に!太りやすい体質は変えられる

周りに食べても太らない体質の人いませんか?それなのに自分は食べる量があまり変わらないのにすぐ太ってしまう・・・。

遺伝か体質の問題だから仕方がないと諦めるのはまだ早いです。その差は、腸内環境のバランスが関係している可能性があるのです。

腸内には、加齢や生活習慣の乱れで太りやすくなってしまう細菌が増えてしまうのですが、酵素をたくさん届けてあげれば腸内には痩せる細菌が増えていくのです。そんな人に向けて腸内環境を整えて痩せやすい体質にしてくれる悠悠館の『ラクビ』についてご紹介します。

頑張っても落ちない体重・・・もしかして腸内環境が原因かも

おなか周りが気になりダイエットをスタートしても、なかなか体重が落ちない…と悩む人は少なくありません。実は肥満の原因の一つとして、腸内の「デブ菌」が最近注目されています。

腸の中ってどうなっているの?

腸内には約3万種、100兆個もの細菌がお花畑(英語でフローラ)のように住み着いています。その状態を腸内フローラといいます。そしてその細菌は、善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類に分けることができます。

善玉菌(痩せ菌)

腸の運動を促して排便につなげたり、悪玉菌の増殖を防ぐ働きがあります。便秘は代謝を下げたり、体に栄養がいきわたらなくなるため食欲が上がったりとダイエットの大敵。

そのため最近では便秘を解消する善玉菌が、「痩せ菌」と言われているのです。ビフィズス菌や乳酸菌、フェーカリス菌などが代表的です。

悪玉菌(デブ菌)

別名、腐敗菌と言われる通り、腸内を腐らせて、アンモニアなどの有害物質を作る菌のことです。悪玉菌が増えることで便秘になったり痩せにくくなったりするため、細菌では「デブ菌」と呼ばれています。悪玉菌にはブドウ球菌やベーヨネラ、クロストリジウムが代表的です。

日和見菌

善玉菌でも悪玉菌でもない菌ですが、腸内で優勢な方に味方するという特徴があります。日和見菌は善玉菌や悪玉菌よりはるかに数が多く、善玉菌:悪玉菌:日和見菌の割合は、15:10:75となっています。そのため、悪玉菌が優勢にならないよう、善玉菌が働きやすい腸内環境を保つことが大切なのです。

デブ菌の脅威!アメリカでやせ形女性が大腸の手術後肥満に…

デブ菌がどれだけ恐ろしいかが分かるレポートがあります。以前アメリカの病院で、病気の母親の腸内に健康な娘の腸内細菌を移植する「糞便移植」という治療 が行われました。

手術は無事成功したのですが、術後、母親の体重がどんどん増加。もとは62キロの普通体形だったのが、なんと移植3年後には80キロ以上まで太ってしまいました。

その原因は、肥満体系だった娘のデブ菌が移植され、母親の腸内環境が変わってしまったからとされています。この事例から、糞便移植を行う際は提供者に肥満体形の人を選ぶのは避けた方がいいと言われるようになりました。

デブ菌を減らすには、痩せ菌を増やして痩せ体質に!

善玉菌:悪玉菌:日和見菌の理想的な割合は一般的に2:1:7と言われています。この割合は年齢や食生活、ストレスなどで変化し、デブ菌の比率が増えると肥満につながってしまう可能性が高いのです。

そこでポイントとなるのが、腸内の環境を善玉菌優勢にして、日和見菌を味方につけること。大変なことのように思うかもしれませんが、実は決して難しいことではないのです。

腸内環境を整えるためには?

腸内環境を整えることがダイエットに効果を発揮すると分かったところで、その方法についてお話します。

脂っこい食事は悪玉菌を増やす

腸内細菌は食事と密接な関係があり、善玉菌と悪玉菌それぞれに好物があります。痩せ菌はオリゴ糖や食物繊維が大好物なので、野菜や果物を積極的に食べると善玉菌の活動を活発にすることができます。

一方デブ菌は、肉や脂肪分が好物。そのため脂っこい食べ物ばかり摂っていると、悪玉菌が分解して発がん物質や有害物質を作るのです。

残念ながら、デブ菌をなくすことはできません。なので食べ物に気を付けて痩せ菌を増やして、デブ菌が優勢にならないよう腸内環境に気を配る必要があります。

腸内細菌のバランスを整える『ラクビ』がおすすめ!

しかし食事に気を付けなければならないのはわかっていても、苦手な食べ物があったり忙しくて自炊ができなかったりという人もいるでしょう。そこでお勧めなのが、手軽に腸内環境を整えることができるサプリメントの「LAKUBI(ラクビ)」なのです。

ラクビには、痩せ菌を増やしてデブ菌を抑える成分が配合されているほか、脂肪の溜め込みを防ぐダイエットサポート成分・短鎖脂肪酸を含んでおり、ダイエットの力強い味方になってくれます。

ラクビの5つの特徴

それではラクビがおすすめな理由についてお話していきます。

短鎖脂肪酸を作る酪酸菌を配合!生きて大腸に届ける

短鎖脂肪酸は油脂を構成する成分の一つで、脂肪細胞が脂肪を取り込むのを防ぐ働きがあり、肥満の防止に役立ちます。この短鎖脂肪酸は最近特に注目を浴びているもので、いくらダイエットをしても痩せられなかった人が短鎖脂肪酸を摂取したら痩せたという事例も出ているのです。

短鎖脂肪酸を増やすポイントは、短鎖脂肪酸を作る働きがある酪酸菌。ラクビは独自の製法で、酪酸菌1700万個をお腹の中まで生きた状態で届けます。

痩せ菌を増やすオリゴ糖

痩せ菌の一種にはビフィズス菌も含まれています。「それではビフィズス菌が入ったヨーグルトを食べればいいのでは?」と思いがちですが、実はビフィズス菌は胃酸に弱いため、大腸まで生きて届くのが難しいといわれています。

そこで必要なのが、オリゴ糖です。先ほどお話ししたように、痩せ菌はオリゴ糖が大好物。オリゴ糖は腸で吸収されるので、大腸のビフィズス菌がオリゴ糖を食べて増えることができるのです。

デブ菌を減らすサラシアエキス

サラシアは糖質の吸収を抑える有用植物として、古代からインドやスリランカなどで使われてきました。

具体的な効果としては、小腸で糖が分解・吸収されるのを抑制し、血糖値の上昇を抑えるほか、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を大腸まで残す働きがあります。

善玉菌が増えるので、結果悪玉菌が劣勢になり、結果的に割合を減らすことができます。またこのほかにも、抗酸化作用があるポリフェノールも含んでいるので、アンチエイジングにも効果的です。

レジスタントプロテインで脂肪を溜め込まない

レジスタントプロテインとは、消化されにくいたんぱく質のことです。体内で余分な脂を捕まえて自身に取り込みますが、消化酵素で分解されないため、そのまま便として排泄されます。

たんぱく質でありながら、便の体積を増やしたり、腸の運動を促したりする働きもあるので、食物繊維のようなたんぱく質だともいわれています。

ビフィズス菌B-3で抗肥満

ビフィズス菌B-3は、腸内環境を整えるだけではなく、脂肪の蓄積も防いで代謝を促進するため、太りにくい体質に導いてくれる善玉菌です。ラクビにはなんと8.5億個ものビフィズス菌B-3が配合されています。

〝高脂肪食を食べると腸管バリア機能が破壊され、炎症性物質が体内を循環して肥満がひきおこされると言われています。ビフィズス菌B-3は腸管バリア機能を保護する働きがあり、肥満を抑制すると考えられます。〟(森永HP引用)

気になる口コミ

「 最近、テレビで腸内フローラとか見かけてて気になって購入。1日1粒で良いし続けやすい!体重はまだ減らないけど、お腹がすっきりした気がする♪これからが楽しみ」(20代:女性)

「3ヵ月ほど経った現在、長年の悩みだった便秘はすっかり解消されて、ダイエット効果も上々です。ウエストのサイズダウンはもちろんのこと、体重も以前と比べると6キロほどマイナスになっています。」(30代:女性)

「 2ヶ月半程経ちました。良いですね。今本気でダイエットしてるのですが、これを飲み始めて、まず便通が良くなりました。以前から他のダイエットサプリは食事前に飲んだりしてるのですが、ラクビを飲み始めてから体重が増えないように思います。あくまでも腹八分目を目安に、そして軽く運動は欠かせないですね。でも確かにこれを一つ増やしただけで違うぞ?って感じです。」(40代:女性)

まとめ

これまでラクビがおすすめの理由や特徴などについてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。いくらダイエットを頑張っても効果が出ないのは、決して努力が足りないのではなく腸内環境が原因だったのです。

しかもラクビがあれば、手軽に痩せ菌を増やしてデブ菌を減らすことができます。ラクビを試してみて、無理のないダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう