美容・健康・掃除にも使える!米ぬかの驚くべき効果とは

米ぬかはお米のを精米したときに捨てられてしまうことも多いです。でも、今そんな米ぬかが注目を浴びています。なぜなら、ダイエットにも使えるし、美肌効果もあって、掃除にも使えるから。地味な存在だった米ぬかですが、実はとてもスゴイものだったんです。

米ぬか美容エッセンス

見た目年齢をぐっと引き上げてしまう目元・口元の小じわに

↓↓WEB限定8,400円3,980円(送料無料)でお得にお試し
⇒スキンケアはしっかりしてるのに肌のハリを実感できないあなたに

米ぬかはどこで買える?

お米は良く買うけれど、米ぬかを探し求めることってあまりありませんよね。米ぬかはスーパーでも買うことができます。でも、置いてある場所はそのスーパーによって違うようです。

乾物コーナーにあるところもあれば、漬物コーナーや調味料のコーナーにある場合もあるそうです。ただ、スーパーで売っているものには、漬物用に塩や鷹の爪が初めから含まれているものもありますので注意しましょう。

スーパー以外では、お米屋さんで購入も可能です。場合によってはタダでいただけることもあります。

米ぬかの美容効果

米ぬかには高い美容効果があります。お米を使った化粧品も販売されていますが、ビックリするほど高価なものもあります。米ぬかはお米の成分がギュッと詰まった部分ですから、美容効果も期待できますね。

米ぬかの利用方法もいくつかあるので、自分の試しやすい方法で合っているものを探してみるといいですよ。それから美容目的で米ぬかを使用するときには、糠床用の糠ではなく、「生糠」や「炒り糠」と書かれたものを選んでくださいね。

米ぬかパックでツルスベ肌に~米ぬかでパックをする方法

米ぬかにはビタミンBが含まれています。ビタミンBは「美容ビタミン」とも呼ばれ、美肌には欠かせない成分です。新陳代謝を上げてくれるので美白効果があります。また、ターンオーバーを整えて透明感のあるツルンとしたお肌に近づけてくれます。

米ぬかパックは効果に即効性があるので、デートの前日などにもオススメです。ただし、お肌に合わないこともありますので前もって試してみてくださいね。

<米ぬかパックの方法>

米ぬか 大さじ2
小麦粉 大さじ1
ぬるま湯 大さじ1

これを全て混ぜ合わせ、顔を優しくなでるようにクルクルとマッサージしていきます。5分ほど放置してから優しく洗い流します。強くこすりすぎてしまうと赤みが出たり、お肌が傷ついてしまって逆効果なので注意しましょう。

乾燥肌の方は米ぬかとハチミツを大さじ1づつ混ぜ合わせたものでパックするとしっとりとした仕上がりになります。方法は小麦粉を使ったものと同じです。

米ぬか風呂~米ぬかを入浴剤代わりに使用する方法

米ぬかにはオリザブランという皮膚の水分量を一定に保ってくれる成分があります。高い保湿効果があるので乾燥肌に人や、乾燥しやすい時期にもオススメです。

<米ぬか風呂の方法>

お湯40ℓに対して米ぬかカップ1杯を目安にティーパックに入れる。(上からガーゼやストッキングで包んで、輪ゴムで止めると流れ出にくくなります。)お風呂の中で白い成分が出てこなくなるまでもみます。

注意点
米ぬかを入浴剤代わりにしたお湯は発酵してしまうので、溜めておかずになるべく早く捨ててしまいましょう。また洗濯の水として使ってしまうと、洗濯機がカビやすくなってしまいます。追い炊き機能も控えたほうがよさそうです。

ぬか袋で全身ピカピカ

ぬか袋は、米ぬかをカーゼやストッキングでくるんで輪ゴムで留めると出来上がりです。米ぬかにはサポニンという洗浄成分が含まれてて、江戸時代には石鹸がわりに使われていたそうです。

ぬか袋でマッサージするように全身をこすっていくとピーリング効果もあり、ゆで卵のようなつるんとした透明感のある白い肌になります。

米ぬかで洗剤いらず!家中スッキリ

掃除をするときに強い味方になってくれる洗剤ですが、残留洗剤の問題など小さなお子さんがいたりする場合は気になってしまうこともありますよね。米ぬかは洗剤代わりに使うこともできて、とても経済的です。

拭き掃除のしかた

米ぬかには油分がありますので、米ぬかを布でくるんでフロリーングを乾拭きするとピカピカとツヤがでます。

掃き掃除のしかた

掃き掃除をする前に米ぬかを撒いておくと、ほこりが舞い上がるのを防いでくれます。

食器洗い

米ぬかをスポンジにつけてお皿を洗うと、汚れが良く落ちます。

消臭効果

炒り糠には消臭効果があります。ニオイの気になる冷蔵庫や靴箱、生ごみ入れなどに入れておくと効果的です。

米ぬかを食べて健康に

米ぬかは捨てられてしまうことがほとんどで、食品としてのイメージは薄いですが、健康食品して高い効果を持っていることが分かってきました。

ガンや鬱、アルツハイマーにも効果があると聞くとそのすごさが分かるのではないでしょうか。それでは、具体的にどのような成分が健康に良い影響を与えてくれるのか見てみましょう。

フィチンで便秘解消、生活習慣病予防

米ぬかにはフィチンという成分があり、体内に入るとフィチン酸に変化します。フィチン酸はダイエットや美容になじみの深い「食物繊維」をさらに強力にしたような効果があります。

フィチン酸は他の成分とくっ付きやすい性質を持っています。便はもちろん、体内にあるあらゆる毒素と結合して体外に排出してくれます。

結果的にがんや生活習慣病、尿路結石、腎結石の予防に効果的です。また活性酸素を取り除いてくれることから、若返りの効果も期待できます。

フェルラ酸で美白+脳機能改善

フェルラ酸には、紫外線を吸収してメラニンが作られるのを抑制してくれる効果があります。メラニンはシミやそばかす、くすみの元になるものです。

フェルラ酸には色素沈着を防いで透明感のある肌にしてくれるので、化粧品の成分に含まれていることもあります。また脳機能を改善してくれる効果もあり、特に軽度のアルツハイマーには大きな効果があることが分かってきました。鬱や高血圧にも効果があるそうです。

米ぬかの食べ方

米ぬかを粉薬のように飲んでしまうのが手軽ですが、独特の風味があるのでなかなか飲みづらく感じる方も多いと思います。また、栄養成分は他の栄養素と一緒にとることで吸収率が上がるので、食事に取り入れるのがおすすめです。

簡単な方法としては、納豆やみそ汁に混ぜて取り入れる方法です。どうしても味が好みではないという方は、ハンバーグやカレーに混ぜると気になりづらくなります。米ぬかの摂取量は1日大さじ2杯が目安です。

まとめ

さまざまな使い道のある米ぬか。お米屋さんによってお値段が違っていますし、捨ててしまうことも多いようなので、特定のお米屋さんと仲良くなってしまうのもいいかもしれません。

とくに、米ぬかパックは即効性があるのでお勧めです。お値段もお手ごろなのでぜひ試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう