米ぬかを食べるのは危険?米ぬかの副作用とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダイエットにも美容にも効果絶大な米ぬか。効果があるなら試したいけど、副作用があるという声も聞きます。いくら効果が高いものでも、副作用があるのはコワいですよね。

副作用とはどんなものなのか、米ぬかをどのように生活に取り入れていけば良いのか見ていきましょう。

米ぬか美容エッセンス

見た目年齢をぐっと引き上げてしまう目元・口元の小じわに

↓↓WEB限定8,400円3,980円(送料無料)でお得にお試し
⇒スキンケアはしっかりしてるのに肌のハリを実感できないあなたに

米ぬかを食べ続けることで起こる変化

米ぬかは糠漬けに使われていることもあり食べることができますが、食材として食している人はそれほど多くはないのではないでしょうか。

米ぬかは生活習慣病やガン、うつ病や自律神経失調症などにも効果があることが分かり、老若男女問わず注目すべき食材です。それでは具体的に米ぬかにはどのような効能があるのでしょうか。

米ぬかは美容にも健康にも良い

米ぬかに含まれるフィチンという成分は体内に入ると、フィチン酸という成分に変化します。フィチン酸は色々なものと結びつきやすい性質があり、老化や様々な病気の原因となる活性酸素とも結びつき、体外に排出してくれます。このおかげで、生活習慣病の予防やガンの抑制にも効果があることが分かりました。

その他にもγーオリザノールなど米ぬかにしか含まれない美容成分もあります。この成分はメラニンを抑制してくれるので、美白効果があり抗酸化作用も高いので、アンチエイジングに高い効果を発揮します。そのため化粧品や医薬品の成分としても注目されています。

米ぬかの副作用の原因

米ぬかを食べるようになって3カ月くらいしてくると、体に違和感を感じるようになることがあります。食べたものの影響が体に出始めるまでには3カ月かかるので、このような時間差が生じます。

米ぬかの副作用の原因は、先ほど挙げたフィチン酸が原因になっているようです。フィチン酸は体内の毒物と結合して、体外に排出してくれる有り難い性質があるのですが、実は毒物だけではなく、ミネラルとも結合して体外に排出してしまう現象が起きてしまうそうです。

ミネラルは体内で作り出すことはできず、食べ物から摂取するしかないので、食べたそばから排出されてしまうと、体は危機的なミネラル不足に陥ってしまいます。

ミネラル不足の症状

米ぬかのフィチン酸が原因でミネラル不足になってしまったとき、次のような症状が現れることがあります。カルシウムや鉄もミネラルの一種です。

・貧血、めまい
・骨がもろくなる
・体がむくむ
・肌が荒れる
・冷えを感じる
・抜け毛が気になるようになる
・爪が弱くなったり変形する
・生理不順
・足がつったり、こむら返りが起きやすくなる

このような症状が現れたときには、米ぬかを食べるのをいったん中止しましょう。

副作用を起こさないためには

副作用が起きてしまうのはコワいですが、それでも有り余る有効成分がある米ぬか。できることなら上手に生活に取り入れていきたいですね。副作用を起こさないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

ミネラルを含む食べ物をたべよう

ミネラルは体内で作り出すことはできませんが、健康的な生活を送るためには無くてはならないものです。米ぬかの副作用に関わらず、ミネラルを食生活に取り入れるようにしましょう。

ミネラルを多く含む食材
桜エビ、うるめいわし、焼きのり、わかめ、切り干し大根、納豆、ほうれん草、きのこ類

せっかくミネラルを補給しても、米ぬかと一緒に食べてしまうと体外に排出されてしまいますので、食べる時間をずらすようにしましょう。

米ぬかは多くても一日に大さじ2杯以上は食べないようにしましょう。ミネラルのサプリメントも販売されていますので、サプリメントを利用すると手軽にミネラルを摂取することができます。

もし副作用が起こってしまったら病院へ

家族で同じ量を摂取しているのに、副作用が出る人もいれば出ない人もいるようです。もともとの体質も関係あるのかもしれません。

気になる症状がれば病院へ行き、相談してみると安心です。その際に米ぬかを食べていることを伝えましょう。また副作用を起こしにくくするために、米ぬかを毎日食べつつけるのではなく、一週間おきにするなど、一時利用の形で生活に取り入れる方法もあります。

米ぬかの農薬ってどうなの?

健康のために玄米を取り入れている方も多いのではないでしょうか?玄米食を考えたとき、必ず話題になるのが農薬のことです。

これはお米が成長するときに胚に農薬が溜まることから、農薬を心配する声が上がりました。米ぬかは玄米を精米するときに出る外皮と胚からできていますから、農薬が気になるのも当たり前のことだと思います。

今では農薬の検査も厳しくなっており、白米に比べると玄米から農薬が多く検出されるということのようです。玄米を一生食べ続けても害がないほどの量なので、そこまで気にする必要はないようです。

気になる場合は無農薬の米ぬかを選ぶ

どうしても農薬が気になるという方は、無農薬の米ぬかも販売されています。インターネットでも購入することができますので、探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?副作用がないにこしたことはないですが、米ぬかはダイエットにも美容にも健康にも高い効果があります。

米ぬかを上手に生活に取り入れて、うまく付き合っていきたいですね。ただ自分の体質に合う合わないはどうしてもありますので無理をせず、気になることがある場合は病院でお医者様に相談してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

nineteen + 17 =