日焼けしやすい人としにくい人の差って何?どっちがお肌にいいの?

太陽の光がまぶしい季節。色白で日焼けしにくい人って、ちょっと羨ましくなりますよね。日焼けしやすい人としにくい人の差って何なのでしょうか?また本当に日焼けしにくい人の方がいいのでしょうか?今回はそのことについて考えてみたいと思います。

日焼けしやすい人はメラニン色素の働きが活発な人

メラニン色素は皮膚の奥に紫外線が入るのを防いでくれる

日焼けしやすい人は、肌が赤くならずにすぐに黒くなるのが特徴です。

肌が黒くなりやすい人は、肌が紫外線を浴びるとすばやく反応してたくさんのメラニン色素がつくられます。それで肌が黒く見えるのです。

メラニン色素は、皮膚の奥に紫外線が入らないようにカバーするという、とてもありがたい働きをしてくれます。

だから日焼けした後に、一時的に肌が黒くなるのは悪いことではないのです。

乾燥肌の人は要注意

但し、何らかの原因で肌が弱り、乾燥肌になっている人は要注意です。乾燥肌は、肌の細胞と細胞の間に隙間ができているので、紫外線が肌の奥深くにまで入り込んでしまいます。そうすると肌の深層でメラニン色素が生成され、シミの原因になるのです。

日焼けしにくい色白の人程、紫外線対策が必要

白い肌は紫外線吸収剤の役割を果たすメラニン量が少ない

白い肌は私たちのあこがれですよね。毎晩せっせと美白ケアを行っている人も多いことでしょう。しかし、白い肌は紫外線を受け止めてくれるメラニンの量が少なく、日に当たると炎症を起こしやすいのが特徴です。そのため、シミやシワになりやすいのです。

色白の人は「日焼けしにくいから」と油断せずに、積極的に紫外線対策を行うことが必要です。

白人の皮膚がん発生率は、日本人の100倍以上!

白い肌の人はメラニンによって紫外線を防げていないので、細胞の奥深くにまで紫外線が到達します。それで、光老化と言われる肌の老化が進み、シミやシワだけではなく、皮膚がんの可能性も高まります。何と、白人の皮膚がん発生率は、日本人の100倍以上と言われています。

日焼けはしてもいいの?

「日焼け」即「シミ」ではありません

日焼けをすると、それがそのままシミになっちゃうと思いがちですが、そうではありません。一時的に肌が黒くなったとしても、肌の機能が正常に働いていればシミにはならないのです。

新陳代謝が悪くなった不健康な肌や水分量が低下した肌、何らかの刺激で薄くなった肌は、日焼けをした後、もとに戻りにくく、シミやシワ、たるみの原因になってしまいます。

日頃から健康な肌づくりを

シミはすぐにできるものではなく、細胞が受けたダメージが何年も蓄積され、その後に肌表面に出てくるのです。だから、今はシミになっていないからと安心せずに毎日のケアを続ける事が大切です。

水分不足は一番のダメージにつながります。日光が強い季節だけでなく、年間を通してしっかりと保湿ケアを行いましょう。

油断できないUVA

紫外線は波長によってUVAとUVB、UVCの3種類に分けられますが、このうち地上に届くのはUVAとUVBです。

UVBは皮膚が赤くなったり、ヒリヒリしたりするので、日焼けしたとすぐに分かるのですが、UVAは長時間浴びてもヒリヒリしないので浴びていることに気がつきません。それなのに透過性が高く、肌の奥の真皮内部まで入り込み、皮膚の弾力を失わせ、シワやたるみの原因となるのです。

UVAは雲もガラスも通過するので、曇りの日にも、部屋の中にも降り注ぐという油断できない紫外線なのです。

老け顔の原因は加齢より光老化!

紫外線は肌に最も悪い影響を及ぼす原因

皮膚は外側の表皮と内側の真皮、その奥の皮下組織からできています。真皮はほとんどコラーゲンからできていて、皮膚の丈夫さや張りを保つ役割を持っています。

皮膚にはもともと紫外線から身を守る働きが備わっており、特にメラニン色素は紫外線、を吸収して、DNAがダメージを受けるのを防いでくれます。しかし、私たちは生まれた時からずっと紫外線を浴びているので、その影響はとても大きく、それが表面に表れるのに、何十年も経つこともあるのです。

肌の老化の原因の約80%は紫外線による老化

同じ年齢の人でも、若々しく見える人と老けて見える人がいますね。見た目を左右する要素にはシミ、シワ、たるみ、くすみがあります。

そのシミ、シワ、たるみ、くすみの原因の約80%は紫外線によるものなのです。紫外線と聞くと、私たちはまず日焼けを思い起こしますが、実は光による老化、つまり光老化の方が深刻なのです。

光老化とは紫外線により引き起こされる肌の老化現象のことです

太腿の内側やお尻などはシミもなく、プリプリの状態ですよね。これは今までほとんど紫外線に当たっていないからなのです。

肌の真皮にあるコラーゲンは皮膚の潤いや弾力を保つ働きをしていますが、このコラーゲンを減少させる最大の原因は紫外線なのです。紫外線を浴びる程、コラーゲンは劣化、減少していきます。

また、紫外線は皮膚を酸化させ細胞にダメージを与えます。これは長い間空気にさらされた金属がさびつくのと同じ事です。そうすると新陳代謝が悪くなり、新しい細胞の生成能力が衰えます。ですから加齢よりも光老化の方が老け顔の原因になるのです。

だから紫外線ケアは必須条件です!

スキンケアのポイント

真夏でも美肌を保っている人は、決して夏だけ日焼け止めをしたり日傘や帽子で完全防備をしたりしているのではなく、年間を通して保湿をしっかりしている人なんです。

保湿がシミやたるみを防ぐ一番のスキンケアです。オイル分ではなく、化粧水をたっぷりと肌に入れてあげます。両手で頬を包むようにしてしっかりと入れてあげましょう。
オイルやクリームはその後に使ってください。

また、ママ達はお子様が紫外線を浴びすぎないよう、帽子、衣類、日焼け止めなどで
紫外線から守ってあげることが大切です。

日焼け止めを塗る時はムラにならないように塗り、こまめに塗り直すことが大切です。

日常生活でのケア

普段の生活の中で、ゴミ出しや洗濯物を干す時、車から降りてちょっと歩く時などにも日傘や帽子、腕カバーなどで紫外線を防止しましょう。

「このくらいで大げさな。」と思われないか気にするよりも、将来の肌老化を気にする方が賢明です。また、肌の新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促すために、マッサージで血行をよくする努力も必要です。

食生活のポイント

でも、どんなに外側のケアをがんばっても、紫外線を完全に防止することはできません。抗酸化作用の高い成分を摂取することによって、紫外線に強い体をつくることが大切になります。では強い抗酸化作用を持つ成分にはどんなものがあるのでしょうか?

ビタミンA、C、Eなどのビタミン類

イチゴにはビタミンCがレモンの2倍程含まれています。紫外線防止のために、朝食にイチゴを何個か食べるのはおすすめです。

また緑色の野菜にはビタミンA、C、Eが豊富に含まれているので、サラダや温野菜、ソテーなど色々と工夫して毎日たくさん食べましょう。

ベータカロテン、リコピン、エラグ酸などのポリフェノール類

ベータカロテンは緑黄色野菜に豊富に含まれていますが、何と青じそには大量のベータカロテンが含まれているのです。ベータカロテンは熱に強く、油とともに摂取することで吸収率が高まるので、青じそを天ぷらにしたり、魚や肉を巻いて揚げるのもいいですね。

また、トマトにはリコピンが豊富に含まれていることはよくご存じですよね。トマトは加熱するとリコピンが増加するので、生だけでなく、パスタやシチューなど調理していただきましょう。

それからイチゴやザクロにはメラニンの生成を抑える効果のあるエラグ酸が豊富に含まれています。

日焼けしやすい人も、しにくい人も紫外線ケアは絶対必要!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

結局、日焼けしやすい人にも、しにくい人にも紫外線ケアが重要だということがお分かりいただけたと思います。一年中、どこにでも紫外線は降り注いでいます。

いつでもどこでも紫外線ケアを忘れないで、若々しい肌を保ちましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう