葉酸サプリは妊婦が積極的に摂りたいサプリ!でも腹痛が起こる場合も?

妊娠すると体調面でもいろいろな変化がありますよね。
妊婦さんや授乳期のママにとって「葉酸」は欠かせない成分であるということがだんだん定着しつつあります。

葉酸は赤ちゃんの脳や神経を作るのにとても大切な栄養素なので、妊娠中から積極的に摂取することでママの健康も赤ちゃんの健康や先天異常を防ぐ作用があるとされています。

葉酸を食べ物からたくさん摂ることはなかなか難しいので葉酸サプリが人気なのですが、葉酸サプリでを摂取することで腹痛を起こしてしまう人もいるようです。
それは一体なにが原因で、体に影響はあるのでしょうか?

過剰摂取はダメ!腹痛だけでなくさまざまな副作用が

葉酸は妊娠中の女性の強い味方です。欠かすことの出来ない栄養なので母子の健康を守ってくれる上に、赤ちゃんを先天的異常から防いでくれる効果があると言われています。

そのため、妊娠中の女性は積極的に摂りたい成分なのですが、葉酸サプリは過剰摂取すると良くないとされています。
過剰摂取することで何らかの副作用が起こるとされていて、「腹痛」を感じる方も稀にいると言われています。

妊娠中に腹痛なんて起こると不安になってしまいますよね。
では、どうして葉酸サプリの過剰摂取で腹痛が起こるのでしょうか?

葉酸サプリの過剰摂取で腹痛を起こすことがある

葉酸サプリに限らずサプリの過剰摂取は良くありません。
葉酸サプリは必要な栄養素を補うことが出来る非常に便利なものですが、それでも過剰摂取すると体調にいろいろ変化が出てくるようになります。

過剰摂取することで出る症状の中に腹痛があります。
医薬品ではないので、副作用とは言えないですが、妊娠中に腹痛が起こるとお腹に赤ちゃんがいるママとしては不安になってしまいますよね。

不安はストレスの原因にもなってしまいますので、過剰摂取はやめるようにしてください。

でも一時的な症状であるケースが多い

前途したように葉酸サプリを過剰摂取すると腹痛などの体調の変化を引き起こすことがあります。
しかし、葉酸サプリは医薬品ではありません。

そのため、そこまで強い症状が出るというようなことはまずありません。腹痛も軽いものであることが多いです。
また、葉酸サプリはもともと水溶性ビタミンです。
水溶性ビタミンは尿などから体の外に排泄されやすいので、症状が起こっても一時的なものであることがほとんどであると言えるでしょう。

腹痛だけでなく、蕁麻疹や不眠、消化器系に影響がある場合も

葉酸サプリを過剰摂取すると腹痛が起こることがあると言いましたが、その他にも蕁麻疹、倦怠感、不眠といった症状が出ることもあります。
どんな症状が出るかは人によって違いますし、もちろん全ての人に起こるというわけではありません。

しかし、過剰摂取することで消化器系にも負担をかけてしまうということが考えられます。
水溶性ビタミンなので、そこまで大きな負担になることはないと思いますが、過剰摂取は控えるべきです。

葉酸は1日の摂取上限を超えないように

葉酸サプリは薬ではないし、過剰摂取によっておこる症状も重いものではないと言っても、不快な症状が出るというのは良くないですよね。

過剰摂取し過ぎると、赤ちゃんがアレルギーや喘息にある可能性があるとも言われています。
赤ちゃんや自分の健康を守るために摂取しているのにそんなことになってしまっては意味がありませんので、摂取上限は超えないようにしましょう。

葉酸サプリの上限は1000μgと言われています。この上限を超えると赤ちゃんにまで影響が出ることが出る可能性も出てくるので、1日の摂取上限は超えないように注意してください。

妊娠中よりも不妊治療中の方が腹痛になりやすい?

葉酸サプリは妊婦さんだけでなく、不妊治療中の女性にも効果的であると言われています。
葉酸は貧血が改善されて、流産の予防にも効果があるため、妊娠する前からの摂取はとてもおすすめなのです。

染色体異常の精子の数が少なくなる効果もあるので、女性だけでなく男性にもおすすめの成分であるとされています。

ですが、不妊治療中に葉酸サプリを摂取していても腹痛が起こることがあるという報告があります。
腹痛の症状は妊娠中よりも起こりやすいと言われているのでが、それには何か理由があるのでしょうか?

排卵誘発剤(セロフェン)と葉酸サプリの組み合わせで腹痛が起こることがある

妊娠中に葉酸サプリを過剰摂取することで腹痛が起こることがあると言いましたが、腹痛の症状は不妊治療をしている人の方が起こりやすいと言われています。

不妊治療をしている人は、卵を成熟させるための薬である排卵誘発剤(セロフェン)を服用していることも多いのですが、この排卵誘発剤と葉酸サプリを同時に使用した時に、腹痛が起こりやすいとされているのです。

この2つを併用しても問題はない

前途で葉酸サプリと排卵誘発剤を併用していると腹痛が起こりやすいと言いました。
腹痛が起こるなんて大丈夫なの!?と心配になると思いますが、この2つを併用して摂取すること自体に問題はありません。

腹痛が起こってしまった場合でも大きな副作用ではなく、軽視出来るレベルのものがほとんどです。
腹痛が起こると不安になってしまう人もいると思いますが、妊娠するための過程と考えてあまり深く考えないようにすることをおすすめします。

葉酸サプリが過剰摂取にならなければ継続してもかまわない

体に良いと言われているから摂取しているのに腹痛が起きたら不安になるのは当然だと思います。
ですが、過剰摂取さえ気を付けていれば、心配する必要はありません。

葉酸サプリは薬ではありませんので、大きな副作用の心配はありません。
1日の摂取上限をきちんと守っていれば、毎日簡単に続けていっても問題ありません。心配しないようにしましょう。

セロフェンを処方され葉酸サプリを飲むことに不安があるのなら医師に相談

前途したように排卵誘発剤(セロフェン)と葉酸サプリを併用する場合、腹痛が起こりやすいと言われています。

併用しても問題はないのですが、不妊治療を行う上で排卵誘発剤(セロフェン)を処方されたときに、葉酸サプリをすでに飲んでいて腹痛など副作用の心配があるのであれば、1度その旨を医師に相談してみるようにしましょう。

医師に大丈夫と言われれば心配やストレスも減って精神的にも安心することが出来るでしょう。
ストレスは不妊治療の妨げになるので、ストレスがなくなれば不妊治療もきっとうまく進むと思いますよ。

葉酸には整腸作用もある

葉酸はとても大切なビタミンの一種で、妊娠を希望する女性、妊娠中の女性に非常に効果的な成分です。
葉酸を飲むことで腹痛が起こることがあると言いましたが、葉酸には整腸作用もあるのです。

整腸作用というのはお腹の調子を整えるということで、便秘や下痢などのお腹の不快な症状を改善してくれる効果です。
葉酸サプリを飲むことで腸内環境が良くなり便秘や下痢も改善・予防することが出来ます。

整腸作用もある葉酸でお腹を壊すことはない(過剰摂取でなければ)

葉酸サプリには腸内環境を整えてくれる整腸作用があります。
葉酸サプリを摂取したことで腹痛を起こす人がいると言いましたが、これは本当にごく稀のことで通常量を摂取していればお腹を壊すというようなことはまずありません。

腹痛を起こす人の多くは1日の摂取上限を超えてしまっている、つまり過剰摂取してしまっていることが多いです。
葉酸サプリの1日の摂取上限は1000μgですので、これを超えないように気を付けるようにしてくださいね。

下痢や便秘に悩んでいるなら葉酸サプリを飲むことで改善するかも

葉酸サプリには高い抗酸化作用があり、粘膜を強くする効果があります。
これにより腸内環境が良くなるので、便秘の方は便秘解消、下痢気味の方は下痢を解消・予防することが出来る可能性があります。

腸管の粘膜の細胞再生のサイクルはとても早いので、葉酸がかなり必要になります。
葉酸を十分に摂取していると粘膜の再生代謝が良くなり、腸内環境も自然と良くなります。
そうすると、下痢や便秘の解消にも繋がりますので、お腹の調子が悪くて悩んでいるのであれば1度試してみてはいかがでしょうか?

葉酸ではなくサプリに配合された他の成分が合わないことで腹痛が起こる可能性も

葉酸を摂取して腹痛が起こるということはごく稀です。
過剰摂取もしていないのに腹痛が起こるというような場合は、摂取している葉酸サプリに配合されているほかの成分が原因であるという可能性があります。

葉酸サプリと言っても他に配合されている成分によって腹痛が起こっていることもあるので、1度摂取をやめて成分を確認してみると良いかもしれません。

まとめ

今回は葉酸サプリと腹痛の関係について紹介してきました。
妊娠前や妊娠中に良いとされている葉酸によって腹痛が起こると聞くと心配になって飲むのをためらってしまう方もいるかもしれません。

しかし、過剰摂取にならないように気を付けていれば葉酸サプリで腹痛が起こるというようなことはほとんどありません。

薬ではないので副作用の心配もありません。
毎日続けても赤ちゃんに問題があるどころか、母子の健康を守ってくれる強い味方になってくれます。
自分のため、赤ちゃんのためぜひはじめてみてください。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう