肌のくすみをとりたい人必見!タイプ別の肌のくすみ対処方法紹介

肌の悩みを抱えている女性は多いですよね。

中でも多いのが肌のくすみに関する悩みです。「肌のくすみが気になる、「くすみをなくして明るい肌になりたい」と思っている人も多いのではないでしょうか?

実は肌のくすみにもいろいろなタイプがあるというのを知っているでしょうか?大きく4つのタイプに分けることが出来、タイプによって対処方法も違ってくるのです。

間違った対処をしていても効果は出ませんので、自分のくすみのタイプを知って正しい対処をするようにしましょう。今回はタイプ別の肌のくすみについて見ていきたいと思います!

血行が悪くなることによるくすみ

肌のくすみというのは女性にとっては大きな悩みですよね。肌のくすみは顔全体に出来ることが多く、肌の透明感や明るさがなくなってしまっている状態のことを言います。

肌がくすむ原因にもいろいろなことが考えられるのですが、血行が悪くなることによって肌がくすむ・・・ということも少なくありません。では、どのような原因でなるのか、対策方法はあるのか見ていきましょう。

どんなくすみ

血行が悪くなることによっておこるくすみとはどのようなくすみなのでしょうか?簡単に言うと血行が悪くなることによって肌の色が青暗く見えるようになるくすみになります。

人の肌の色というのは血液の色や色素で決まると言われていますので、血行が悪いと血色が悪い肌の色になり結果的にくすんでしまうわけです。見るからに不健康そうな顔色になります。

原因は?

血行が悪くなることによっておこるくすみの原因は、日ごろの疲れやストレスであることが多いと言われています。それと同時に睡眠不足や体の冷えなども原因になります。

体が冷えると血行が悪くなるので、肌の血色も悪くなり、顔全体の色が暗くなりくすみが出るようになってしまうのです。

手足が冷えるという人はもちろんなのですが、手足が温くてもお腹を触ったときに冷たいと感じるのであれば冷え性である可能性が高いです。のぼせたりほてったりすることが多いという人も体内の熱のバランスが崩れて体が冷えてしる可能性があります。

タバコや運動不足も冷えの原因になるので気を付けなければなりません。

対策は?

血行が悪くなることによっておこるくすみを改善するためには、体全体の血行を良くするように意識することが1番です。

体を暖める食事を積極的に食べるようにする、ウォーキングなど適度に運動をする、お風呂に入ったときにゆっくりと湯船につかるようにする、軽くマッサージをするといったことを日ごろから心がけるようにしてください。

保湿成分が多く含まれている美容液などでお風呂あがりに肌をケアするということもおすすめです。不足している水分を与えてあげることで肌のキメが整ってくすみが取れ肌が明るくなってきます。

乾燥からくるくすみ

肌が乾燥すると化粧のりも悪くなって気分も沈んでしまいますよね。そんな乾燥はくすみの原因になることもあります。

正確に言うとくすむというよりもくすんで見えると言った方が正しいですが、乾燥からくるくすみにはどのような原因があってどう対策すれば良いのか見ていきましょう。

どんなくすみ

朝顔を洗ってスキンケアをした後は顔色が良いのに、夕方になるにつれて肌がかさつきだしたり、くすんで見えるようになったりするのが完走からくるくすみの特徴です。

肌が乾燥することで肌の表面の角質が立つようになり、肌にくすみが出てくるようになるのです。

原因は?

乾燥からくるくすみの1番の原因は名前の通り「乾燥」です。

肌はさまざまな要因で乾燥しますが、肌が乾燥してしまうと肌のターンオーバーが早まってしまい、肌の表面のバリア機能が落ちてしまったり、紫外線に弱くなり肌がくすんでくるようになります。

エアコン、洗顔のし過ぎなどでも肌が乾燥してくすみが起こります。

対策は?

乾燥が原因になっているので、乾燥しないように対策をすることが1番の解決方法です。

肌に保湿成分を入れて常に水分を保つことが出来るようにすることが大切ですので、保湿成分が配合されている乳液や美容液で肌をケアしてあげるようにしてください。

皮膚に不足してしまっている水分を与えることで肌の表面のデコボコがなくなって少しずつ肌が明るくなります。

メラニン色素によるくすみ

メラニン色素によってくすみが起こることもあります。日焼けしているわけではないのに顔全体が日焼けしたように黒ずんで見えたり、茶色く見えてしまうくすみです。

メラニン色素によって肌がくすんでしまうと化粧ものらなくなってしまいますので、原因と対策を見ていきましょう。

どんなくすみ

紫外線や肌の摩擦が原因で起こるくすみがメラニン色素によるくすみになります。日に当たりすぎる、肌へ刺激や麻酔を与えてしまうとメラニン色素がたくさん作られることになります。

メラニン色素が消えずにそのままになっていると色素沈着を起こしてくすんで見えるようになってしまいます。

原因は?

前途した通り、過度に紫外線を浴びたり肌に刺激を与えることによって皮膚の表面にメラニンが発生して、くすみの原因になります。くすみだけでなくシミの原因になってしまうこともあります。

メラニン色素がそのままになっていると皮膚細胞が破壊され角質のターンオーバーが乱れることになるので、それもくすみの原因とんはります。

対策は?

紫外線を浴びることによってメラニンは作られるので、紫外線対策をしっかりと行うようにしてください。春や夏の方が紫外線はきついですが、紫外線は1年中ありますので、出かけるときは1年を通じて日焼け止めを塗ることをおすすめします。

紫外線が強いときは日焼け止めだけでなく帽子や日傘などでしっかり対策するようにしましょう。

黄色っぽくなるくすみ

黄色っぽくなるくすみってどういうこと?と思う方も多いかもしれませんが、肌が黄色っぽくなり透明感がなくなり老けた印象になるくすみです。

黄色っぽいくすみが起こると化粧がのらないだけでなく、老けた印象になってしまいますので、原因と対策を知りましょう。

どんなくすみ

黄色っぽくなるくすみというのは肌が老化し始めて肌が黄色、もしくはうす茶色になるくすみです。

肌の表面の余分な角質で肌がうすくなってしまうことによって肌の色が変わりくすみます。年齢を重ねることで肌も老化して、皮膚の新陳代謝が遅れて起こるくすみになります。

原因は?

黄色っぽくなるくすみの原因には「カルボニル化」と「糖化」の2つに分けることが出来ると言われていますので、以下にそれぞれの原因を見ていきましょう。

カルボニル化

脂質の摂りすぎ、ストレス、喫煙、加齢などが原因と言われているのがカルボニル化です。脂肪の分解物とタンパク質が結びつくことによって顔が黄色くくすんで見えるのです。

糖化

ご飯や砂糖などのブドウ糖の摂りすぎ、紫外線、ストレス、加齢などが原因になると言われています。脂肪と同じように糖とタンパク質が無薄日つくことで顔が黄色っぽくなりくすんで見えるようになります。

対策は?

黄色っぽくなるくすみを改善するためには、生活習慣を見直すことが大切です。

年齢も関係していますが、ビタミンA、C,ポリフェノールが高い栄養を含んだ食事を積極的に食べるようにする、肌のゴールデンタイムと言われている夜10時~午前2時までは質の良い睡眠が摂れるように心がけるといった対策を行いましょう。

喫煙も原因になるので、タバコを吸っている方はタバコを減らすようにすることも大切です。

まとめ

肌のくすみの原因にもいろいろなタイプがあるということが分かって頂けたのではないでしょうか?肌のくすみを解消するためには、自分自身のくすみの原因を知ることが大切です。

くすみを感じ始めるようになる年齢も人によって違いますが、1番良いのはくすみが気になるようになる前に予防対策を行うことです。

日ごろからしっかりと対策をしておくことが何より大切ですが、今現在くすみが気になっているのであれば、これ以上気にならないようにくすみのタイプを知って生活習慣から意識するようにしましょう。

合わせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう