グレープフルーツで妊活に成功?高温期に食べると効果的って本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ある時期に特定の食べ物を摂ることで、不妊症が改善すると聞いたことはないでしょうか?よく耳にするのは着床時期のパイナップル、そして高温期のグレープフルーツなどがあります。

今回はグレープフルーツについて、本当に妊活に効果的な食べ物なのかを見ていきましょう。

グレープフルーツが高温期にオススメってどういうこと?

妊活中の人ならばグレープフルーツが高温期に良いという噂を1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?様々なフルーツがある中、なぜグレープフルーツが高温期に良いと言われているにでしょう?

グレープフルーツに高温期をキープする働きがある?

グレープフルーツといえばビタミンたっぷり、といったイメージですが、実は妊活中に必須の葉酸も含んでおり、この葉酸が高温期に良いとされています。

グレープフルーツに含まれる葉酸は高温期に上がった体温をしっかりキープし整えてくれる働きがあるので、妊活中には欠かせない栄養素です。

グレープフルーツには葉酸がたっぷりだから基礎体温が上がる

葉酸は別名「造血ビタミン」とも呼ばれており、血液の元である新しい赤血球を作り出し血液を増やす働きがあります。

葉酸をしっかり摂取し、血液量を増やすことで体の血行が良くなり体温が上がると子宮や卵巣など生殖機能の働きが高まります。それに伴い、自律神経や基礎体温も正常に整えてくれます。

そのためグレープフルーツに含まれる葉酸は妊活中には欠かせない栄養素と言われるんですね。

高温期を正常にキープすることで不妊を改善できる

通常の生理周期は28日と言われており、14日毎に高温期と低温期を繰り返します。

高温期が10日に満たない間に下がってしまうと、子宮内の妊娠するための準備が間に合わず受精卵ができても着床し辛い=妊娠し辛い環境となってしまいます。

高温期をしっかりキープするためには子宮を温める必要があり、そのためには血行が良い事がポイントです。その環境を整えてくれるのが葉酸です。

グレープフルーツだけでは必要な葉酸を摂取することは難しい

妊活中の葉酸摂取にグレープフルーツが良いと様々なブログで取り上げられたり、噂が広がったりしています。しかし、なんとグレープフルーツだけでは葉酸の必要摂取量を満たすことは難しいのです。

グレープフルーツ1個で1日の推奨量の約10%しか葉酸が摂取できない

妊活中の女性に推奨されている葉酸摂取量は「1日340μg」です。
それに比べグレープフルーツに含まれる葉酸は「1個あたり30μg」と約10%にあたります。

そのため妊活中の葉酸摂取にはサプリメントを活用したり、食事で補うといった工夫が必要があると言えます。

しかしビタミンCなら推奨量の約70%が摂れる

葉酸を摂取するといった面で見れば心もとないですが、グレープフルーツには他にも様々栄養素がたっぷり入っています。

その中でもビタミンCは妊活中の推奨摂取量の110mgのうち、グレープフルーツ1個で約70%も摂れるという優秀フルーツなんです。

ビタミンCは強い抗酸化作用をもち、妊活中のストレスから大切な卵子を守ってくれる心強い味方です。しかし、ビタミンCは体に溜めておく事が出来ない栄養素で、毎日しっかりと補う事が必要です。

その点、グレープフルーツは1年中手に入りやすくビタミンC補給にはうってつけです。

グレープフルーツジュースは葉酸がゼロに等しい場合も

葉酸は非常に酸化に弱く、調理したり加工する過程で壊れてしまうため、食品からの葉酸摂取は効率が悪いとされています。

葉酸を含むグレープフルーツもジュースにすると検知されないほど微量の葉酸しか残っておらず、グレープフルーツジュースからの葉酸摂取はかなり難しいものとなります。

葉酸摂取という観点からみれば、新鮮で調理加工されていないものの方が良いので、どうしてもグレープフルーツジュースで葉酸を摂りたい場合には、その場で絞るフレッシュジュースでをお勧めします。

「グレープフルーツで妊娠しやすくなる」という説に医学的根拠はない

妊活中のグレープフルーツが良いといった噂は良く耳にしますが、これについて医学的根拠は見つかりませんでした。

しかし妊娠に直接的な効果はないけれど、必要な栄養素の補給源としては手に入りやすく食べやすい事から、妊活中の栄養補給サポートとしてうまく活用していくのも良のではないでしょうか。

妊活中グレープフルーツを食べる時の注意点

妊活中は特に、妊娠した際の様々な影響を考慮して食品選びや薬など普段より慎重になる人も多いと思います。では、グレープフルーツを食べる際の注意点などはあるのでしょうか?

胎児に影響があるといわれる防カビ剤を使っていないものを選ぶ

グレープフルーツは妊活中に良いといった話が多い反面、防カビ剤が危険なので食べない方が良いといった噂も耳にします。

グレープフルーツは輸入物が多く、胎児に先天性障害を引き起こす可能性のある防カビ剤を使用しているものが殆どです。そのため、妊活中にグレープフルーツを食べる際は防カビ剤を使用していないものを選ぶ必要があります。

輸入物と比べお値段は張りますが、国産のグレープフルーツや防カビ剤不使用といった無農薬のものを選んで食べるのが安心です。

薬を服用している場合にはグレープフルーツを控えた方が良い

グレープフルーツを食べる際の注意点として薬との食べ合わせが挙げられます。

グレープフルーツが持つ酵素により薬が効かなかったり、逆に効きすぎてしまうといった危険性があり、厚生労働省からも注意喚起が出されています。そのため薬を飲む際はグレープフルーツを食べたり、生のフレッシュジュースを飲むのは控えましょう。

安心して食べられる国産グレープフルーツがおすすめ

妊活中はもちろん、グレープフルーツに使われる防カビ剤は体に良くないので食べる際は国産、無農薬のものが安心です。

しかしスーパーで売られているグレープフルーツの殆どが輸入物で、お店では中々国産、無農薬の物を見つけるのは難しいかもしれません。

そこでおすすめなのがネット通販です。楽天市場やAmazonでも取り扱いがあり、更にはお家まで届けてくれるのでとっても便利ですよね。

輸入物は収穫してから店頭に並ぶまで長い時間がかかりますが、国産のものは採れてすぐ、新鮮なものが食べられるので瑞々しく味も美味しいです。

しかも、無農薬なら皮まで食べられるので、ジャムやゼリー、サラダなど調理の幅も広がりグレープフルーツの栄養を丸ごといただけるのもポイントです。

ジュースを飲むなら果実を絞ったフレッシュなものを

グレープフルーツを手軽に楽しむ方法としてジュースがあります。コンビニやスーパーで手軽に買えるので、利用しやすいですよね。

グレープフルーツの栄養素をしっかり取ろうと思ったら、やはりパックジュースではなく果汁を絞ったフレッシュジュースをおすすめします。

パックジュースは主に濃縮還元のものが多く、一度熱を加え濃縮、または乾燥させたものを水で薄め販売しています。その工程を経ることで栄養素が壊れて失われてしまいます。

特にグレープフルーツでしっかり摂れるはずのビタミンCは熱に弱く濃縮還元のジュースでは摂取する事が難しくなってします。

そのためビタミンを添加していたりするものも多いので、妊活中など成分にこだわりたいときは、果実を絞ったフレッシュジュースをおすすめします。

葉酸を摂取したいなら他の食べ物やサプリも合せて摂る

日本でも2002年から母子手帳への葉酸の必要性を記載しており、昔と比べ世間の認知度は高まっていると思います。

しかし、諸外国では高校生から葉酸を取るよう教育したり、妊娠すると葉酸のサプリメントが保険適用で購入できるなど葉酸を重要な栄養素として位置付けており、それと比べると日本はまだまだ葉酸を意識的に摂取している人は少ないです。

葉酸全酸化に非常に弱く、さらには水溶性ビタミンなので茹でればお湯に溶け出してしまったり、熱による調理でも殆どが失われてしまいます。そのため食品から必要な摂取量を十分に摂ろうとするのは困難です。

さらにはグレープフルーツの葉酸含有量は上記でもお伝えした通り1個で10%程しかないので、1日の食事やサプリメントで補う必要があります。

コレだけ食べれば、コレをやればというのはない?

妊活中は特に自分の体や食事など生活スタイルに向き合う機会が多いと思います。その反面悩んだり行き詰まったりすることもありますよね。

そんな時これをすればいい、といった情報があると縋りたくなる時もあります。妊活中に本当に効果的な食べ物や方法はあるのでしょうか?

特定のものを食べるだけでなく、バランス良く食べることが必要

妊活中は体の状態や冷えなど様々な事に気を使い、更には推奨される様々な栄養素までしっかり摂ろうとすると、安易にサプリメントや特定の食品などに偏りがちです。

しかしやはり基本はバランスのとれた食事が大切です。あれがいい、これがいい、といった情報がたくさんあり振り回されてしまいがちですが、良いものも摂り過ぎれば毒になることもあります。

何かに偏りすぎるのは体にとって良くないので何事も程々に、バランスを心がけましょう。

睡眠を十分とり適度な運動も行うこと、健康的な生活が妊活成功へと導く

睡眠の質が卵子の質に影響すると言われるほど、妊活中の睡眠は大切です。睡眠時間が足りなかったり、夜更かしが続くと自律神経のバランスが崩れそこから生理周期が崩れてしまったりと、睡眠の乱れはデメリットしかありません。

更に適度な運動で血行が良くなり、代謝が上がることで妊娠しやすい身体作りができます。妊活中は基礎中の基礎である生活基盤を見直し、健康的な生活をすることが妊娠成功のカギです。

妊活中こそ基本を大切に。

妊活中は自分の体の状態や生活と向き合う良い機会でもあります。そのため様々な事に敏感になり、更には膨大な情報に振り回されることもあるかもしれません。

しかし、そんな妊活中こそ基本が大切です。生活が整えば体も整い、食事のバランスが整えば体の状態も良くなります。

グレープフルーツなど妊活中に必要な栄養素を持つ食材はたくさんあります。様々な食材を味方につけ、妊活を成功させましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

eight − 8 =